2018.12.01

可愛くない子に「可愛いね」は罪!? マツコさんの発言に世間の反応は?

「可愛いね」は親から子への愛情表現


マツコさんの発言を巡って、ネット上には賛否の声が続出。賛成派からは「マツコよく言った! 可愛くないのに過剰に顔が可愛いって言うのは罪だよ」「子どもは『可愛くない』をストレートに表現するから、学校に入る前にそれとなく大人が伝えておくべき」「私は親に『世界一可愛い』って言われていて、『世界一可愛いんだ!』って勘違いして生きてたよ…」といった声が上がっていました。

 

一方で反対派の人からは、「余計なお世話。自分の子どもは世界一可愛い」「私はブスと言われて育ったけど、何ひとつ良い事なかった。親くらい可愛いって言ってくれよ」「『可愛い』っていうのは顔のパーツだけじゃなくて、表情とか仕草もあるじゃん」「うちの子どもは美人の顔ではないけど、“ブサカワイイ”っていう可愛さが存在してる!」などの意見が。

 

また「『可愛い』は愛情表現のひとつ」と主張する人も多く、「『パパとママにとって、世界一可愛いよ』と伝えれば愛情が伝わる」「小さい頃に『可愛い』って言われない子は、自己肯定感のない人間になってしまうのでは?」などのコメントも上がっています。

 

≪ BACK 1

2

3 NEXT ≫

牧野聡子

ライターとしてメディアで執筆を行う。家庭ではゲーマーお母さんとして子どもと毎日バトル中。また、生活にかかわる最新情報に目がない。知らないことがあるととことん調べるため、パソコンとゲームを往復する生活を満喫中。視力が年々悪くなっている。