2018.10.12

園で集団行動ができない子にはワケがある!4つの理由とは?

shutterstock_316856048

保育園や幼稚園の行事等で、お遊戯室に集まり座っていることができず脱走してしまう、遊びが終わって給食やお弁当の時間なのになかなか遊びがやめられないなど、集団行動が必要な場面でうまくみんなと合わせることができない子がいます。

小学校に入ってからのことを考えるとママはとても心配だと思いますが、いくら口で言い聞かせても、すぐにできるようにはならないもの。

今回は、集団行動ができない子どもの気持ちや理由を知り、ママにできることや接し方のヒントを考えていきます。

 

子どもが集団行動できない訳

 

理由1:たんに年齢によるもの


幼稚園で考えると、3年保育であれば入園時点でほとんどの子は3歳です。

3歳では、少しずつ他の子との交流を楽しめるようになってくるものの、まだまだ並行遊び(側にいる子と一緒に遊んでいるように見えるが、実際は各自一人遊びをしている状態)が多い状態。

先生が「集まって○○しようね」と声をかけても、夢中で聞こえていなかったりすると、周りの子が集まったのを見ても「自分もクラスの一員だから集まらなくては」と頭の中で結びつく子は少ない年齢です。

 

また、クラスの中でも性別や生まれ月などによって成長には差があり、比較的成長の早い子が集まっているクラスでは、早生まれの子が皆についていけていないように見えることもあります。

保育園では幼稚園と比べれば、小さい頃からみんなで同じ時間に食事をとるなどの経験が多いので、集団行動も上手にできそうに思えますが、3歳台ではまだまだ集中できる時間も短く、保育士さんが一生懸命声をかけてやっと動く…ということも珍しくありません。

 

>>NEXT 物事を時間ではなく内容で区切る子どもも該当?

高谷 みえこ

ライター歴15年。大手企業サイトなどで執筆を行う。得意分野は女性・主婦向けの記事。育児ポータルサイトでは新米ママのお悩み相談コーナーで回答者を務めた実績を持つ。

前の記事へ

出産・育児の前準備! 初めて妊娠した時は“母親教室”に参加すべき!?

子育て・教育

2018.10.11

出産・育児の前準備! 初めて妊娠した時は“母親教室”...

小学校の子供を外出先で抱っこ…実は少数派!?

子育て・教育

2018.10.12

小学校の子供を外出先で抱っこ…実は少数派!?

次の記事へ