2019.05.08

埋められる?それとももう無理?夫婦の間にできた溝

32-1

夫婦関係は長く続くものです。最初はうまくやっていたとしても、わずかなすれ違いが夫婦間の大きな溝になってしまうことがあります。
溝はもう埋まらないのでしょうか?夫婦関係の修復方法や維持するコツをご紹介します。

■埋まりそうな溝

夫婦の間で溝があると感じてしまった場合、二人の溝が埋まるかどうかはそのときの状況によって変わります。大前提として相手を愛する気持ちがあれば、夫婦関係は修復できそうです。
すっかり気持ちの冷めてしまった相手と一緒に暮らしていくことができる人もいるでしょうが、 それができない人もいます。
しかし、少しでも愛が残っている相手となら、関係を修復する努力もできるはずです。
その場合、相手が自分のことを愛していないのではないかと不安を感じるのであれば、自分を愛しているかどうかを思い切って尋ねてみるのも一つの方法です。
溝が発生したとき、改善するために多少不利益を被る覚悟があれば、関係はより修復しやすくなります。
相手に何かしてほしいことがあるならそれをすることで相手が払うコストを考えてみるとわかりやすいのでは。例えば夫が育児に非協力的である場合、改善してもらえばその分だけ夫の時間を使うことになります。

同じように、あなたも相手の要求にある程度の犠牲を払う覚悟があれば、問題解決しやすくなるでしょう。

その上で、夫婦間の問題を乗り越えるにはまず自分が変わる必要もあるでしょう。相手について不満に思うことがあっても、実は相手の方がそれ以上にこちらに対して不満をもっているということもありえますよね。
よく話し合って、相手の考え方がわかればこれまで不満に思っていた事柄が必要なものだったとわかり、不満そのものが消えるかもしれません。
夫婦間の関係を修復するためには自分の考えを改めるのもポイントになりそうですね。
関係修復にはお互いの話し合いが不可欠です。お互いに相手のことを思いやって真剣な話し合いができるとベストです。
例を挙げると相手の問題点や自分が改善しなければならないポイントなどを話し合うときに、あなたが相手をばかにしたような発言をしたら話す気がなくなってしまうのではないでしょうか?
自分とは違う意見や言葉遣いの悪さにドキッとすることがあるかもしれませんが、話し合いでは素直に相手の言葉を聞いてみることが何よりも大切かもしれませんね。

富樫 真由美

富樫真由美
保育の仕事をしながら子育てをした経験を活かし、ライターをしています。