抜くと増える!? 遺伝って本当!? 白髪にまつわるウソ・ホント

白髪

ふとした瞬間に発見してショックを受ける、白髪。抜くと増える?遺伝って関係ある?といった白髪にまつわる噂にお答えします!

 

教えてくれたのは
田村マナさん
美髪アドバイザー。社団法人日本毛髪科学協会認定毛髪診断士。講演やテレビ出演、雑誌、webなど多方面で活躍中。最新刊に『大人の「品」は艶髪でつくられる』(ワニブックス)がある。

 

 

白髪にまつわるウソ・ホント

 

Q1:白髪を抜くとふえるって本当?

A:白髪がふえる可能性は大きいでしょう

 

科学的なデータはありませんが、白髪を抜くことによってそこにある情報伝達物質が健康な細胞にまで波及してふえるという説も。毛根そのものがダメージを受けるので、絶対に抜かないで。ケアしなければ、また白髪が生えてくるだけです。

 

Q2:ダイエットは白髪に影響しますか?

A:必要な栄養が不足すれば白髪に影響してきます

 

現代人はカロリーはとれていても、必要な栄養素がたりていないといわれています。髪の材料であるタンパク質を抜いたり、ミネラルなどの必要な栄養素が不足すれば白髪になりやすいですし、パサパサしてくるでしょう。

 

Q3:黒髪よりも白髪のほうが太くてゴワついている気がします…

A:白髪は水分を保持しにくいため、そう感じるのです

 

はっきりと理由はわかりませんが、白髪のほうがかたいことはあります。メラニン色素は水分を含んでいるので、それがない白髪は、ゴワつきやすいのでしょう。いずれにしても白髪は水分を保持しにくくなるので、乾燥させないように注意が必要です。

Chanto