2019.04.22

<リンゴor洋ナシorバナナ>あなたは何タイプ?体型別ダイエット診断

117-1

ダイエットを行う場合、まずは自分がどんな体型なのか把握しましょう。その体型ごとに適したダイエットの方法があるためです。いろいろあるダイエットの方法も、体型によって効果の出やすさが違ってきます。

どのダイエット方法でも間違いではないのですが、効果が出にくいとストレスになってしまいます。また、途中であきらめやすくなってしまうのです。効果が実感できれば、ダイエットの励みにもなりますよね。

■リンゴ体型のダイエット

リンゴ体型というのは、いわゆるメタボ体型のことで、高カロリーの食事や慢性の運動不足といった生活習慣が原因だと言われています。

他の部分は太っている感じはなくて、お腹だけぽっこりと出ているのが特徴となります。食事の制限はしているといった方でも、脂質は抑えても糖質はとっていたという場合もありますし、好き嫌いが激しかったりすると、脂肪がつきやすくなるとも言われているます。

リンゴ体型の場合、内臓脂肪型の肥満ということになるのですが、内臓脂肪は落としやすい脂肪でもあるのです。

ダイエットというと、食事制限や筋トレのイメージがあるのですが、リンゴ体型の場合この方法はあまり向いていないのです。効果的なのが有酸素運動と言われています。

ですから、ウォーキングやジョギング、また、水泳などを行うのが効果的となります。但し、これらは自宅で簡単に行えるものではありません。

自宅で行う簡単な有酸素運動としては、タバタ式トレーニング、ヨガ、ラジオ体操、ストレッチといったものがあります。

タバタ式トレーニングは20秒のトレーニングと10秒のインターバールを交互に4分間行うトレーニング方法で、海外で人気となり、日本でも話題になったトレーニングです。

ヨガはダイエット以上にストレス解消にも効果のある運動として女性を中心に人気ですよね。

ラジオ体操は誰もが知っている体操ですが、大人になってやってみると意外とハードな体操であることに気が付くのではないでしょうか。

ストレッチは運動を行う前のウォーミングアップといったイメージですが、立派な有酸素運動なのです。

これらの運動は有酸素運動なのですが、あまりハードにやって息が上がるほどとなると、無酸素運動になってしまうので気を付けてください。

■洋ナシ体型のダイエット

洋ナシ体型というのは、体についた脂肪の付き方を表したものとなります。お腹周りや太ももといった下半身を中心に脂肪がついた体型が洋ナシ体型ということになります。

日本人の3分の1ほどはこのタイプと言われていて、女性に多いといった特徴があります。原因としては、筋力の衰え、骨盤のゆがみ、脂肪の蓄積が挙げられます。

女性の場合は男性に比べて女性ホルモンによる影響が体に出やすいということがあります。骨盤を支えている靭帯が緩んでしまう時期があるため、骨盤がゆがんでしまい脂肪がつきやすくなってしまいます。

効果的なダイエットの方法としては、骨盤のゆがみがあるのであれば、骨盤の矯正を行うのが効果的です。

簡単な方法として、タオル一枚でできる簡単骨盤ダイエットがあります。立った状態で、タオルを後ろから腰に巻いた状態で両手で持ちます。両手で腰の片側をタオルでするようにして、交互に動かして負荷を与え、反対側も同じように行うのです。骨盤を引き締めながらゆがみを矯正し、さらにはダイエット効果もあるのです。

食事によるダイエットであれば、まず、脂質を控えることと、野菜、キノコ、海藻といった食材を積極的にとるのが良さそうです。運動でのダイエットとなると、筋力の低下が洋ナシ型の原因となっているので、筋トレやストレッチが向いています。