2019.04.21

これって“おばさん太り”!?年を重ねると太りやすくなる原因と対策

116-1

40代に突入すると、若い頃より肉付きが良くなったように感じている人も多いのではないでしょうか。体重はそれほど変わらないのに、お腹やお尻、太もも周りに肉がつき、顔も二重あごになってくることもあるでしょう。

年齢を重ねると太りやすくなってしまうといいますが、何が原因で太りやすくなっているのでしょう。おばさん太りといわれないために、その原因を把握し、早めに対策を行うようにしましょう。

■基礎代謝が落ちてしまう

年齢を重ねると、食べる量は若いころとそれほど変わらないのに、なぜか体重だけ増えてきたり、お腹が出ておばさん体形になってきます。

年齢とともに太りやすくなるのは基礎代謝がどんどん低下していくことが原因で、体がエネルギーを消費できなくなっています。

基礎代謝とは、生きていくために心臓を動かしたり、息をしたり、体温を保とうとする、最低限の必要エネルギーです。

年齢を重ねると筋肉量の低下が始まり、基礎代謝も同じように低下していきます。基礎代謝は40代に入ると一気に落ちてしまい、50代以降はさらに代謝が悪くなっていきます。

代謝が悪くなるため、若いころと同じ食事量でも太ってしまったり、筋肉が低下していることで脂肪がどんどん体についてきます。

若いころと同じ運動量なのに太ってしまうのは、基礎代謝が落ちているからで、同じように飲食を続けていれば体重はどんどん増加します。

体重が増加すると見た目だけでなく、糖尿病や動脈硬化などといった生活習慣病を引き起こしてしまう可能性があるので、40代以降は基礎代謝を上げることと、食生活を見直すことも必要です。

太りやすい体を作らないようにするには、基礎代謝を上げることが大切です。40代になると筋肉量が低下してしまうので、筋肉量を増やすように筋トレや運動を取り入れると太りにくくなります。

筋肉が増えることで基礎代謝が上がり、消費エネルギー量もアップするので、太りにくい体を作るだけでなくダイエット効果も期待できます。

■ホルモンの分泌が減ってしまう

40歳前後は閉経が近づくため、女性ホルモンの分泌がだんだんと減少していきます。女性ホルモンは脂肪合成を活発化させる作用もあるため、10代から20代にかけてお尻や太ももなどに脂肪がつきやすくなっています。

しかし40歳前後になると女性ホルモンの分泌が減少し、脂肪がお腹周りにつくようになってきます。筋肉量も減ってしまうので、脂肪は引力に逆らえず垂れ下がってきます。

お腹や背中、太ももの筋肉が落ちると姿勢も悪くなり、歩き方も鈍くなってきます。このような症状を中年太りといいます。

女性ホルモンの分泌が減ると食欲を抑える作用も弱まってしまうので、食欲を抑えられなくなってしまい、食べ過ぎてしまいます。

40代になると内臓脂肪もつきやすくなっており、中年太り独特のぽっこりお腹となります。

女性ホルモンは年齢とともに減少の一途をたどるのみなので、女性ホルモンを増加させるのではなく、コントロールする、または代わりの成分を補うことが大切です。

女性ホルモンをコントロールするには、バランスの良い食事を心がけ、良質な睡眠をとることが必要です。また、適度な運動をとりいれることで血行と代謝が良くなり、女性ホルモンに影響を与えてくれます。

大豆に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをすることで知られています。

女性ホルモンを補う意味でも、大豆製品は積極的に摂取したほうが良いでしょう。豆腐や豆乳、納豆や味噌など、さまざまな大豆製品から摂取することが可能です。