子どもに口を出したくなったら要注意! 過干渉な親が育てる共依存の子どもたち

123-1

母親として、「子どものすることが気になって仕方がない!」なんてことはありませんか? 「しっかりとした大人に育てたいから」という気持ちもわかりますが、なんでもかんでも口を出す過干渉タイプの親は、子どもに悪影響を与えることがわかっています。

ギクッとしたら、まずは「過干渉とはどういうことなのか」を知るところからスタートしましょう。過保護との違いや子どもへの影響について解説していきます。

 

■子どもの自由を奪う過干渉

過保護と混同されがちな過干渉ですが、実は両者は全く別の状態を示しています。

過保護とは、親が子どものお世話をなんでもしてしまう状態を指します。子どもが赤ちゃんであれば、着替えから食事まで、全てをお世話してあげるのは当然のこと。しかし小学生になっても同じ状態では、やはり「過保護」と言わざるを得ません。

また日常的なお世話のほかにも、「欲しがるものを何でも買い与える」という方法で過保護になってしまう方もいます。

ただし子どもの成長と共に、こうした状況は改善されていくケースも多いもの。子どもの方が、親から自然と「卒業」していく、というわけですね。ただし子どもが、親に依存して何もできない!なんて状態にだけはならないよう、気を付けることが大切です。

さて次は、過干渉について解説します。過干渉は過保護とは違い、「子どもを何でも、親の思う通りにコントロールしようとする」ことを言います。

もちろん子育てにおいては、子どもの意思に関わらず、親が毅然とした態度を見せる必要もあるでしょう。しかし全ての場面において、子どもの意思を無視するような言動をしていると、子どもにとっては悪影響となってしまいます。

子どもだって人間ですから、親の思い通りにならないこともあるでしょう。このような場面において、怒ったり、あからさまに不機嫌になったり、子どもを罵ったりするのが、過干渉な親の特徴でもあります。子どもの意思よりも自身の感情を優先させるのは、一種の「虐待」とも言えるのです。

 

■過干渉が子どもにもたらす悪影響

123-2

では過干渉な親は、子どもに対してどのような悪影響を与えてしまうのでしょうか。特に心配したいポイントを、3つ紹介します。

★人の顔色を窺ってしまう

過干渉な親に育てられる子どもにとって、大切なのは「親を満足させること」です。そうしなければ怒られたり罵られたりといったデメリットが発生するのですから、そう考えるのは極めて自然な流れだと言えるでしょう。

子どもにとって、「親の希望どおりに動く」ことは、決して簡単なことではありません。親の顔色をうかがいながら、「親が望む子ども」でいることを、最優先に考えるようになってしまいます。

★自主性が育まれない

子どもは、さまざまな失敗の中から自分自身で学んでいきます。しかし過干渉な親のもとで育つ子どもは、そもそも「失敗する」という経験が少ない可能性が高いです。親が子どもの人生に干渉し、「失敗しない方向」へと導いているためですね。

こうなると、子どもは「親の言うことをとにかく聞いていれば良い」と考えるようになります。自分で考え、行動する能力は成長しません。

★自己肯定感が低くなる

自己肯定感とは、ありのままの自分を、「そのままでいいんだ!」と肯定的に捉えるための力です。自己肯定感の高い子どもほど、集中力を発揮しやすく、また疑いや攻撃的な感情を抱きにくいと言われています。

過干渉な親に育てられた子どもが、「そのままの自分を、いつもママは受け入れてくれる」と思うのは、非常に難しいことです。自己肯定感が低いままで、成長してしまう可能性も高まるでしょう。