注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

保育士さんの生活リズムは?!早寝早起きで家事は朝に集中【ワーママ図鑑】

仕事

2016.02.10

夜は子どもと遊び朝は家事&自分の時間

DMA-ch151129-08a

 

毛利典子さん( 仮名・31 歳)

4歳の女の子、2歳の男の子のママ

横浜市内の保育園で保育業務

1人目を妊娠中にシフト制から平日の固定勤務に。2人目の子どもを出産したあとも保育士として働き、現在は3人目を妊娠中!

 

 

 1人目を妊娠する前は、シフト制で働いていた毛利さん。勤務時間が日によって変わるほか、土曜日に仕事が入ることもありました。「妊娠中は、つわりがひどくて…。なんとか仕事を続けたいと思い、職場に相談して、平日のみの固定勤務に変えてもらったんです」

 育休後も、同じ固定勤務で復帰。時間との戦いに悩んだ結果、朝は4時半に起き、夜は子どもと一緒に19時半に寝るという超・朝型の生活に切りかえました。「以前は子どもを待たせて家事をすることや、自分の時間がないことがストレスでした。でも、早朝に家事をすませ、自分の時間をもつことで解決。生活リズムが安定し、家族の体調もよくなりました」

スクリーンショット 2016-02-02 15.42.53

1.帰宅後にすぐ夕食を食べられるよう朝のうちにすべて調理を終える

DMA-ch151129-50a

夕食は大皿メニューをふやし、朝食の準備と同時に調理をすませる。帰宅後は、温めるだけでOK。子どもを待たせずに夕食ができ上がり!

2.夫と賢く家事分担してバタバタな朝をのりきる

DMA-ch151129-54

ゴミ捨てや子どもの着がえ、洗濯ものを干すのは夫の担当。子どもと大人の衣類は分けて干すなど、干しやすく、しまいやすい方法を伝授した。

3.夜に家事をほとんどしないから子どもたちとゆっくり遊べる

DMA-ch151129-28

子どもが起きているあいだは、ほとんど家事をしない。夕食後は子どもと思いきり遊び、そのまま一緒に眠るので、家族みんながストレスフリー。

Q.ストレスフリーな両立のために工夫したことは?

A.平日の掃除を減らして週末にまとめました!

平日は水曜だけ掃除機をかけ、家中の掃除は土曜に。チラシや手紙もボックスにためておき、土曜にまとめて処理する。ただし日曜は、月曜に備えてのんびり過ごす日に。

 3人目を妊娠中の今も、このスタイルで仕事を続けています。「夫も子どもも、できることは基本的に自分で。今ではみんな、自然に家事を手伝ってくれます」

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【働き方】その他の記事

働き方
もっと見る