コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

職場で「やる気がない認定」される人の共通点「たったそれだけのことで!?」

仕事

2020.12.06

やる気をキープすることも大切!

頑張って業務に取り組んでいるなかで、「やる気がない」と言われ続けるのは辛いもの。せっかくモチベーションを高く保っていても、やる気を失ってしまいますよね。

 

そこで、ここからは調査で明らかになった“仕事のモチベーションが上がる状況”をピックアップ。やる気アップにつながるシーンを把握していれば、モチベーション低下を防げるかもしれません。

 

東京未来大学は、以前「仕事のモチベーション」(東京未来大学 モチベーション研究所調べ)に関する調査を実施。回答者に“どのような状況だと仕事のモチベーションが上がる?”とたずねると、「給与が上がる(61.0%)」「休暇が取得できている(60.0%)」が上位にランキング入りしました。

 

ほかにも「社内の人間関係が良い」や「週末の楽しみがある」、「やりがいを感じている」などの回答が。やる気をキープするために、ランキング入りしたような“モチベーションが上がる状況”を実現できるように工夫するといいかもしれません。

 

また、上司からの評価がなかなか上がらない人は、まず「自分はどう見られているのか?」をリサーチするところから始めてみては?できることをコツコツ実践して、「やる気がない人」のレッテルを払拭したいものですね。

 

関連記事:

罪悪感から退職するママたち…「時短勤務は罪じゃない」

社員の「目標設定」何を書いて提出するのが評価に繋がるのか!?

 

文/河井奈津

参照/東京未来大学「『仕事のモチベーション』に関する調査」https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000035816.html

2 / 2 ページ
あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【働き方】その他の記事

働き方
もっと見る