コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

中堅女性社員のキャリアを応援するサイバーエージェントの「らしい」制度

仕事

2020.08.05

2021.04.14

中堅女性社員のキャリアを応援する「CAramel」

──女性の多様なキャリアを応援する組織もあると伺いました。「いつかは出産や育児を」と考えている女性にとって、プライベートと仕事の両立は働くうえでの大きな関心事ですが、そのタイミングに悩む女性は多いです。

 

上村さん:

そうですよね…。そこで当社では2017年に十人十色の女性の働き方を応援するために「CAramel」という組織を作りました。女性社員同士を絡める、間をつなぐという意味を込めています。

 

入社3~7年目って仕事にも慣れてひと段落してきて、今後の働き方についてもやもや悩む時期ですよね。特に女性は20代後半になると、結婚や出産の時期、子どもはどうするかなど、プライベートと会社のキャリアにどう向き合っていくか悩む人も出てきます。若いうちは自分の配属部署と同期くらいしか知り合いもいないので、他の仕事や違うキャリアも見えにくい。その中でやりたい職種のロールモデルが見つからないと「転職しようかな?」なんて気分になってしまう(笑)

 

そこで社員との横の繋がりを持つため、数カ月に1回の勉強会やイベント、先輩女性社員との気軽なランチ会でざっくばらんに相談してもらう機会を作るようにしています。

 

──面白そうですね! でも、水を差すようですが、先輩女性社員とのランチ会って、何を話せばいいのか緊張してしまいそうです…。あるいは、当たり障りのない世間話をして解散…というようなことにはならないのでしょうか?

 

上村さん:

そうならないよう、雰囲気作りには気を配っています。例えば「中途採用社員対象」「社内転職について」など毎回テーマを設けて、興味がある女性社員が集まりやすいようにしています。開催前にざっくりとアンケートも取るので、ランチ会でも初めましての自己紹介から始まるのではなく「〇〇さんがあそこに書いてあったことだけどね」とスムーズに話が始められるようにしています。事前にテーマが決まっていることで、参加する女性社員も安心して話せるんです。

 

──なるほど、それなら安心して参加できそうです。運営側がある程度型を作ることで、参加する女性社員も自分の聞きたいことが明確になるんですね。

 

>>NEXT 自社らしい制度で「自分でもできる」と思える事例を作る

2 / 3 ページ
KEYWORDS関連キーワード
あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【働き方】その他の記事

働き方
もっと見る