注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

従業員の“名札”が招く予想外のリスク「クレーマーの暴挙が引き金に…」

仕事

2020.06.30

ビジネスにおける名札のメリット

全体的に「フルネームを記載した名札はつけるべきではない」との声が多い印象ですが、一方で「仕事柄名札をつけていた方が便利」という人も。「飲食店の接客業の場合は客に名前を覚えてもらいやすいし、名札はあった方がいい」「接客が良かった人をアンケートに名指しで書いてもらうから、名札があると助かる」など、職種によっては名札が効果的に機能しているようです。

 

ネガティブな側面もある名札ですが、自分を評価してくれる客に対してはかなり有効なコミュニケーションツール。ビジネスを円滑に進める役目もあるため、「企業側がきちんとリスクヘッジできれば、便利なビジネスアイテムとして運用できると思う」といった指摘も見かけました。

 

ではどういった工夫をすれば、名札に関するリスクを軽減できるのでしょうか。ネット上では「名札にはフルネームじゃなくて、名字だけを記載すればいいのでは?」「仕事にもよると思うけど、基本的に本名を記載する必要はないでしょ。仮名を書くか、『アルバイト』『店長』みたいな肩書だけにするべき」といったアイデアが提案されています。

 

>>NEXT 顧客としてはフルネームがわかると安心できる?

2 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【働き方】その他の記事

働き方
もっと見る