コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

叱られないこと最優先の働き方に批判続出も「誰だって本音は…」

仕事

2020.05.18

“褒められる”を目標にするべき!?

“叱られないことばかり考えて働く姿勢”は、一概に悪いとは言いきれませんが、出世やキャリアアップしたい人には適していない働き方とも言えるかもしれません。

 

否定派の中には、「意欲的な人は『この業務を担当したい』『管理職になる』といった具体的なビジョンを持って仕事をしている。“叱られないことが最優先事項”だと、いつまでも現状維持のまま」「“叱られたくない”って気持ちが先立つ人は結局、周りを優先してますよね。出世していくような人は自分発信で仕事をするから、考え方が全然違う」などのコメントも寄せられていました。叱られることが少なくても、仕事に対する“やる気”が低ければ、出世やキャリアアップにつながりにくいかもしれません。

 

叱られないことばかりを気にして働いている人は、考え方をどのように変えればいいのでしょうか。

 

ネット上に寄せられたアドバイスを見ていくと、「まず仕事にやりがいを見つけるべき! 怒られないように仕事をすれば、ただの作業になってしまうので」「“叱られない”ではなくて、“褒められる”を目標にした方がずっと良いよ。考え方をポジティブにしていくだけでも仕事のやる気がアップする」との意見が見られました。

 

>>NEXT 怒られるのが怖い…

2 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【働き方】その他の記事

働き方
もっと見る