コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

会社員が毎日出勤する意味はどれだけあるのか

仕事

2019.10.12

来年の東京オリンピックに向けて、政府からは働き方改革を進める政策がいくつも掲げられ、それらに参加する企業も増えてきました。そんなタイミングで、「出社しないスタイル」の働き方を提案したいというのは、『メンバーが勝手に動く最高のチームをつくる プレイングマネジャーの基本』著者の伊庭正康氏です。
「会社にいる=仕事している」という考え方はもう古いという、その理由と対策案を聞きました。
toyokeizai-logo

当記事は「東洋経済オンライン」(運営:東洋経済新報社)の提供記事です

 

本当に、毎日出勤する必要はあるのだろうか?


2020年の東京オリンピック開催期間中の交通混乱を避けるため、さまざまな政策が打ち出されています。

 

政府が本番テストとして今年の7月から9月の約1カ月間を「テレワーク・デイズ2019」実施期間と設定してテレワークの一斉実施を呼びかけたり、東京都の小池知事がオフピーク通勤を推奨する「時差Biz」の取り組みを始めるなどしていますが、あなたの会社では実施されていますか?

 

実際、2012年に開催されたロンドンオリンピックでは、ロンドン市内の企業の約8割の企業がテレワークを実施し、大会期間中の交通混乱を回避したそう。日本でもこれを機に、働き方改革がグッと進んでほしいものです。

 

そんな働き方改革の波に乗って、私も思い切った提案をしてみたいと思います。もし許されるなら、「出社しないスタイル」の働き方に挑戦してみてはいかがでしょうか。例えば、「ノー・オフィスデー」です。これは、

 

・できれば週に数回、難しければ月に数回、直行直帰を奨励する
・自宅でのリモートワークを推奨する
・最近増えている、コワーキングスペースでの仕事を推奨する

 

というもので、現在の「働き方改革」を推し進める潮流と完全に合致しています。

 

>>NEXT 「ノー・オフィス」を推進すると、生産性が上がる

1 / 4 ページ

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【働き方】その他の記事

働き方
もっと見る