2019.04.29

「聞き上手」は仕事上手!信頼関係を築くためにも「聞く力」を伸ばそう

53-2

■ちょっとしたしぐさで「聞き上手」になれる!

聞く力を身につけて、相手との信頼関係を構築していくためには、「聞いている最中のアクション」にも意識してみてください。「ただ黙って聞いているだけ」と「適切なアクションを挟みながら聞く」のとでは、相手が受ける印象がかなり変わってきます。「聞き上手」と判断されやすいのは、当然後者です。

・適度に相づちを打つ
・相手の話をオウム返しする
・相手の話に合わせて、表情を変える

自分の話に相手が反応してくれれば、もっと話したい!と思うもの。相づちの方法は、いくつかバリエーションを覚えておくことで、さまざまな場面に対応しやすくなるでしょう。

一方で、以下のような行動は避けるようにしましょう。

・貧乏ゆすり
・相手と目を合わせない
・腕を組む

相手に対して、「聞く気がない」というイメージを与えてしまいます。

■まとめ

「聞く力」は、ビジネスで活躍するために非常に重要な役割を果たします。どのような仕事においても、他者とのコミュニケーションを円滑に進めていくことは大切なこと。ごく自然にできる人は、重宝されやすいと言えます。

「自分はコミュニケーション能力が低いから……」という場合には、まず「聞く」という能力に的を絞って、集中的に成長させてみてください。徐々に円滑なコミュニケーションを楽しめるようになっていくはずですよ。

≪ BACK 1

2

佐藤 仁美

佐藤仁美です。
仕事をしながら子育て中です。日常にある疑問や発見を調べて解決して、記事にまとめています。