注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

壁にぶつかっても諦めない!必ず成功させる人になろう!

仕事

2019.05.12

52-1

仕事をしていく上で、「壁にぶち当たる」という経験は、決して珍しいものではありません。仕事を継続していくため、そして一皮むけた自分へと変身するためには、なんとかしてその壁を、乗り越える必要があるでしょう。

世の中には、どんなに高い壁にぶち当たっても決してくじけず、必ず成功に導く方がいます。壁に負けそうになってしまったときには、こうした「成功者の姿勢」から、壁を乗り越えるためのコツを学びましょう。目標達成のための過程や、メンタルの保ち方について解説します。

■成功者=必ず成功させる人

ビジネスパーソンとして仕事をしていると、社会的にも認められた「成功者」に出会うことが少なくありません。さまざまな成功をその手中に収めている姿を見ると、「自分もいつかこんな風になりたい!」なんて意識を刺激されるのかもしれませんね。

「成功者」という言葉を耳にしたときに、「これまでにさまざまな仕事をこなす中で、自分の能力を発揮できる仕事を見つけ、運よく成功することができた人」をイメージする方も多いのではないでしょうか。

確かに、世の成功者の中には、そうした「ラッキータイプ」に当てはまる方もいるでしょう。しかし実際には、それ以上に多いと考えられるのが「どんなことに取り組んだとしても、必ず成功させていただろう人」なのです。

このようなタイプに当てはまる人にとって、「成功」とは必然のもの。なぜなら「失敗して諦める」という概念がないからです。

途中で壁にぶち当たることがあっても、そこで諦めなければ試合は続いていきます。たとえ周囲から「失敗」とみなされるような事象が起きたとしても、その人本人にとっては、「成功のためのワンステップ」程度の認識であるケースも多いものです。

そもそも「失敗」に対する概念が違い、「成功するまで挑戦する」からこそ、いずれ必ず壁を突破し、成功者と成り得るのです。

■成功のための過程……まずは「失敗」を予定に組む込むこと

自分自身が仕事をしていく上で、何らかの壁にぶち当たることは「よくあること」です。失敗をしてしまったり、思うように自分の能力を認めてもらえなかったりと、「壁」の種類もさまざまであると言えるでしょう。

目標を達成し、自分自身の「成功」をつかむためには、まずそうした「壁にぶち当たる経験」を「予定」として組み込んでおく必要があります。どんな計画にも、「壁」や「失敗」は付き物です。「当たり前のこと」として捉え、「じゃあどうするべきなのか」を考える前向きさを身につけることが、成功をつかむための第一の過程であると言えるでしょう。

「壁」や「失敗」は、現在の自分自身が抱える「問題点」を洗い出すためのステップでもあります。落ち込んでしまう気持ちもわかりますが、できるだけポジティブに捉えることが、目標達成の秘訣となります。

52-2

■壁に負けない自分になる! まずは「自信」を身につけよう

壁や失敗に直面したとき、「その出来事をポジティブに捉えられる人」もいれば、「どうしてもネガティブに考えてしまう人」もいます。

壁の先へと到達できる可能性が圧倒的に高いのは、前者のタイプです。ここが、成功者に近付けられるかどうかの分かれ目と言っても良いでしょう。

壁に負けない自分になりたい!と思ったときに、必要となるのは「自信」です。「絶対に自分は大丈夫!」という自信がある方は、壁にぶち当たったときでも簡単に負けることはありません。なぜなら「自分なら絶対に壁を乗り越えられる」と知っているからです。

このときの自信は「根拠のない自信」であっても構わないのですが、「ついネガティブに考えてしまう人」が真似をするのは難しいでしょう。「根拠のない自信」で虚勢を張るよりも、「一つ一つ小さな自信を積み重ねていく」ことがオススメです。

自信を身につけたい!と思ったときの方法は簡単で、「自分自身が達成してきたこと」を明確に認識するだけでOKです。人は日常的に「小さな壁」→「それを乗り越える」というステップを繰り返しています。普段は見逃してしまいがちなポイントですが、これを「見える化」して自分の中に蓄積していくことで、「○○を解決できたのだから、今回もきっと大丈夫!」と、自信を持って取り組めるようになります。

スケジュール帳や小さめのノートに、「自分の目標」や「達成したいこと」を書き出しましょう。それに対して、「自分がやったこと」や「できたこと」も書き連ねていきます。定期的にチェックし、「できたこと」を増やしていけば、自然と自信も生まれてくるでしょう。

■まとめ

目標を達成し、成功をつかむためには、いずれやってくる、もしくは現在ぶち当たっている「壁」を乗り越える必要があります。この「壁」をどうとらえるのかが、成功への近道だと言えるでしょう。

世の中には数多くの成功者がいますが、彼らには共通点があります。それが「壁にぶち当たっても決してあきらめず、強いマインドで乗り越えて、目標を達成する」ということです。途中であきらめず、努力を継続することで、いずれ成功へとたどり着けることでしょう。

「壁」や「失敗」にぶち当たったとき、ついつい気持ちが負けてしまう……という方は、ぜひ成功者たちの強いメンタルを参考にしてみてください。「壁」や「失敗」への認識を改めることで、新たな自分へと成長していけるのかもしれませんね。

「自分はきっと大丈夫!」という自信を身につけることができれば、社会人として、もっと大きな成功へと近付くことができるのかもしれませんね。

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【仕事術】その他の記事

仕事術
もっと見る