2019.04.15

出社するだけ偉いは非常識!二日酔い社員の糾弾も世論は意外な方向へ

20190412futukayoi01楽しいお酒の席でついつい飲み過ぎてしまって、翌日に二日酔いになった経験がある人も多いでしょう。仕事がある日の前日は、飲み過ぎに気をつけたいもの。しかし世の中には、二日酔いのまま出社する人もいるようです。

 

二日酔いで会社に来るのは許せる?


今年3月に注目を集めたのは、“二日酔いのまま職場に来る人”という話題。お悩みを寄せた相談主の会社には、二日酔いで出社する人が多いそう。周りの同期は「来るだけ偉いよね~」と話しているため同調していますが、内心は「自分よりも何歳も上の大人がだらしない」と思っているといいます。

 

お酒が飲めない上に今の職場でしか働いたことがない相談主は、「これが普通なのかな? と思ってしまいます」とお悩み中。「考えが間違っているなら改めたいと思いますが、皆さんの意見を聞かせて下さい」と投げかけました。

 

この疑問にネット上からは、「二日酔いで来るなんて社会人として非常識。“来るだけ偉い”って、おかしいよ」「社会人になったら自己管理が大事だし、私はナシだと思う」「普通は仕事の日にまで残るような酒の飲み方はしない」といった当然の意見が。

 

しかし、「すみません。3回ほど二日酔いで仕事に行ったことがあります」「たまにあるけど、バレないようにしてます…」など共感の声も少なからず上がっていました。

 

また、「二日酔いのまま運転とか接客は論外だけど、仕事をキッチリこなすなら何とも思わない」「臭いをケアして仕事にミスが無いなら、プライベートは好きにしたらいいと思う」「職種によるだろうけど、仕事や接待とかで飲まなきゃいけないこともあるし…。やむを得ない人もいるんじゃないかな」といった意見も。業務に支障をきたさない場合や、人に迷惑をかけない範囲であれば“二日酔いは許容範囲”という人もいるようです。

 

>>NEXT 二日酔いになる原因と予防方法とは?

古山翔

娘2人と息子1人を抱えて奔走するパパライター。夫婦それぞれの仕事を充実させつつ、趣味の時間も確保するために家事や子育てのアップデートを欠かさない。自身は完全インドア派だが、アウトドア派の妻と元気な子どもたちに影響されてピクニックやキャンプをするようになった。