注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

建設現場に女性専用パウダールーム設置!働きやすさ改革になるか!?

仕事

2019.05.20

20190402toire01最近では、“建築業”にチャレンジする女性が増えています。しかし男性が多く勤めているため、女性にとって働きづらい環境のところも。そこで今回は、“女性専用パウダールームの設置”について注目していきましょう。

 

“女性専用スペース”設置に賛否の声


2016年に鹿島建設株式会社は“女性が働きやすい環境”を実現するため、現場に女性専用スペースの「パウダールーム」を導入しました。パウダールームとは、全身鏡を配置した更衣室や防犯ブザー付きのトイレなどが用意されたスペースのこと。ニュース番組の『おはよう日本』(NHK)でも“パウダールームの設置”を特集しており、多くの人から関心が寄せられています。

 

報道を見た人からは、「建設現場って女性が落ちつけるスペースが少ないからとても嬉しいニュース」「建築の技術者は男性が多いけど、これからは女性も増えそう」「やっと女性が活躍できる環境が整ってきたね」といった反響の声が。

 

しかし一方で、“パウダールーム設置”に対し「現場の働きやすさを改善すべきなのに、化粧できるスペースを作っても意味がない」といった厳しい声も続出。他の意見には「女性用のトイレは大切だけど、化粧するスペースの“パウダールーム設置”は仕事に関係ないでしょ」「仕事内容ではなく化粧に焦点を当てるのがズレている気がします」「パウダールームを設置したってことは“女性は必ず化粧しろ!”ってことだよね。強制させられる感じが嫌だ」といったコメントが寄せられていました。

 

建築現場で「パウダールーム」が大活躍!


“建設現場で働く女性”からは、「パウダールームの設置」に賛同する声が相次いでいます。例えば、「建設現場って汗をかいた服を着替える場所が少ないから凄い助かる!」「仮設トイレがかなり狭くていつも苦労していた。スペースが広くなるだけでありがたい」「男性の目を気にせずに身支度できるのが魅力的だね」「女性が落ちつけるスペースが今までなかったので、私はパウダールーム設置に大賛成」といったコメントが。

 

中には、「『パウダールーム』って名前だからお化粧する専用のスペースだと思われがちだけど、仮設トイレに更衣室を足したものだからね?」「パウダールームは多機能の更衣室とトイレを合わせた仮設トイレのこと。普通の会社ならどこにでもある女性用の更衣室と同じです」「女性に化粧を強要しているわけじゃなくて、シンプルに女性専用のスペースを作っただけ」といった声が上がっています。

 

トイレ以外にも休憩スペースや作業着に不満が!


過去に「日本建築仕上学会」は、“建築現場で働く女性”を対象に行ったアンケート調査の結果を公表。回答者に「トイレは男女別ですか?」と質問したところ、「別である」と答えた人が68%でした。「別ではない」は31%となり、トイレを男女別に分けていない現場が多い様子。

 

トイレで気になる点を尋ねると、「清潔さがない」「臭気がこもっている」という項目が上位を占めています。他には「男性トイレが見える」「壁に隙間がある」「化粧直しのスペースがない」「遮音が不十分」といった回答も。また“休憩スペース”に関してのアンケート調査によれば、「女性専用休憩エリア」がある現場に勤めている人は全体の16%。女性が休める現場の方が、圧倒的に多いようです。

 

現場で欠かせない作業着や制服にも不満を抱えている女性が続出。例えば「サイズが合わない」「汗じみが目立つ」「(作業着が)重い・動きにくい」といった声が寄せられています。女性が快適に働くためには、身近なことから改善した方がいいのかもしれませんね。

 

文/牧野聡子

 

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【コラム】その他の記事

コラム
もっと見る