2019.03.27

妻と激しい交渉が…ボーナスの取り分を巡る夫の譲れない戦い

20190327bornasu01サラリーマンにとって、「ボーナス」の存在は嬉しいもの。普段の給与とは“別枠”となるため、使い道については奥さんとしっかり話し合いたいところです。しかしある男性は「奥さんと割合について折り合いがつかない…」とお悩みのようす。

 

ボーナスを“半分渡す”ことを嫌がる夫


少し前まではボーナスのない会社にいたという夫。転職を機に“初のボーナス”を受け取ることになり、「これで趣味のカメラにお金をかけられる」と意気込んでいました。しかし先日、妻から「ボーナスの半分は家計に入れて欲しい」と言われてしまったそう。「子どももいないし、今は賃貸に住んでいます。いずれは家も買いたいと思っていますが、何も今からボーナスをむしり取らなくても…」「他の家庭では、ボーナスをどれくらい家に入れているのでしょうか?」と頭を抱えています。

 

彼の発言に対し、同じ悩みを持つ男性陣からは「わかります! 我が家は“お小遣い制”なので、ボーナスくらいは少し多めにもらいたいです」「月額給与とは違って、ボーナスは仕事の成果に応じるもの。『一律で半分』というのは悲しいなぁ…」と共感の声が相次ぐことに。

 

また家庭によっては、ボーナスが出る度に“交渉”の場面が訪れるよう。「ウチはボーナスの度にかなり激しい交渉が。分け前の取り合いみたいで、本当は気乗りがしないのですが…」「“何に使いたいか”まで明確にして、毎回妻に『プレゼン』をしています」といったコメントも見られました。

 

>>NEXT 「家庭に全額を入れる派」の意見

古山翔

娘2人と息子1人を抱えて奔走するパパライター。夫婦それぞれの仕事を充実させつつ、趣味の時間も確保するために家事や子育てのアップデートを欠かさない。自身は完全インドア派だが、アウトドア派の妻と元気な子どもたちに影響されてピクニックやキャンプをするようになった。