注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

早く出社する新人に仕事のやる気を感じる…自発的な行動が与える心象

仕事

2019.03.07

2019yaruki01仕事をするうえで、モチベーションを高く持つことも大切なポイントです。しかし“やる気”があるつもりでも行動や態度で示さないと、周りに伝わらないことも…。そこで今回は、“やる気がある行動”についてピックアップしてみました。

 

“やる気がある”と思われる人の特徴


とある男性は会社に出勤した際、新人社員が社内を掃除している姿を見て「やる気あるな」と感心したそう。働いているとはいっても定時前なので、新人の自発的な行動です。その“ガッツある新人”を見たのがキッカケになったのか、男性はネット掲示板に「どんな人にやる気があるなと感じますか?」と投稿。

 

男性の投稿に対しては、「とにかく動きが速い人。見ていても気持ちいい」「人が話していることをしっかりとメモする」「実務ではないけど、仕事の相談をされるとやる気を感じるかな」「みんながやりたがらない仕事を率先してやる人はガッツあるよね」「積極的に質問してくる新人は高く評価してる」と実体験を元にした声が。

 

特に多かった意見は、投稿者の男性が見た新人社員と同じ行動で「早く出勤する」でした。「早めにきて復習している姿をみたときは感動した」「早く出社するのは真面目に仕事のことを考えている証」「やる気を行動で示すために早出する人は好感が持てる」といったコメントも。

 

定時以前に出社することを賞賛しすぎることは賛否を呼びそうですが、とはいえ多くのユーザーは、“自発的な行動”を率先して実践する人に“やる気がある”と感じているようです。

 

“仕事ができない人”の驚きエピソード


一方で、“仕事ができない人”についても多くの声が。例えば「ホウレンソウができない人」「常にテンパってて会話も成立しないときはかなり焦った」「仕事ができない人は何度も同じ質問をしてくる」「わからないことがあっても全然質問にこない人はちょっと…」「時間を守れないと厳しいかも」といったコメントが寄せられていました。

 

中には「原因不明なんだけどコピー機を毎回壊しちゃう人がいたな」「仕事でミスがおきると必ず嘘をついてごまかす」「間違いを注意したら逆切れして帰っちゃった」「お客さんに対してタメ口で喋り始めたときはビックリしたな~」「高確率で来客者にお茶をこぼす後輩なら覚えてる」と、予想外の出来事を体験した人もチラホラ…。

 

あるユーザーからは、「自分に合っている仕事を見つけるのも大切。明らかに向いてないと思ったら辞めるという選択肢を考えた方がいいと思う」という意見も。「確かにそうかも。無理して長くいる必要はない」「自分だけで悩むんじゃなくて先輩や上司にも相談すればラクになれるかも」と、共感した人が続出しています。

 

仕事や悩みは1人で抱え込まず、周りに相談した方がいいかもしれません。

 

“若者=やる気ない”は間違い!「ガチ勢」を尊敬する若者たち


現代の若者は「やる気がない」「ガッツが足りない」と言われがちですが、実際はどうなのでしょうか。2018年に株式会社マンダムは、10~20代の若者世代と40代の大人世代を対象に「ガチ(本気)に関する意識調査」を実施。

 

そもそも若者の間では、“何かに本気で取り組む”ことを「ガチ勢」と呼んでいるそう。アンケートで「『ガチ勢』の人に対してどんなイメージを持ちますか?」と質問したところ、若者世代の場合は多くの人が「素晴らしい」「なりたい」「カッコいい」「尊敬する」と回答しています。

 

一方で大人世代は、若者と比べて「なりたくない」「カッコ悪い」という回答が多かった様子。大人よりも若者の方が、「ガチ」な人たちに対してポジティブな印象をもっているようです。若者とじっくりと接していけば、“やる気がない”というイメージが変わるかもしれませんよ。

 

文/牧野聡子

 

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【仕事術】その他の記事

仕事術
もっと見る