コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

連休明け「会社行きたくない」ママたちの憂鬱はコレで乗り切る!!

仕事

2018.08.15

お盆休みもそろそろ終盤、明日からいよいよ出勤というママも多いのでは。休みが楽しければ楽しいほど、「あー!もう会社行きたくない!!」って気分にもなろうってもんです。

少しでも気分をアゲて出勤するために、働くママたちは何をしている?

〝自分へのごほうび〟をたっぷりご用意(絵里さん/40/フロントスタッフ)

うちは旦那も小学生の息子も、毎週月曜日の朝は「行きたくない病」を発症します。「会社行きたくない…」「学校行きたくない…」とつぶやきながらモタモタと朝食を食べ、着替えをします。

遅刻させるわけにはいかないので追いたてるように送り出しますが、実は私も「行きたくない病」。2人を送り出した後、しばらくリビングで行きたくない気持ちと戦っています(笑)。

とはいえ誰も、私を送り出してはくれないので、自分で気分を上げて出勤しています。

shutterstock_1045156030

私はオシャレが好きなので、「新しく買ったシャツを着る」とか「キレイにした靴を履く」という気持ちを原動力にしています。そして「今日の仕事終わりは、どこに行こうか」と考えながら出勤。休み明けは〝自分へのごほうび〟をたくさん用意することで、気分を上げます。

ただ、そればっかりに気をとられ、月曜日の仕事は心ここにあらずなことも。月曜日から全力で働くなんて私には無理かも! 週末に向けてボチボチとテンションを上げていく作戦です(笑)。

「休み明けに娘を園に送るのは私」と決めて(みどりさん/32/調理員)

「休み明けの朝、娘を保育園に送るのは私」と決め、娘を送り届けてそのまま出勤します。そうでもして強制的に家を出ないと、会社に行きたくない気持ちが強すぎて。

shutterstock_326244737

家から園までは車で20分、その間「次の週末をどう過ごそうか」と娘とプチ家族会議。「買い物へ行こう」「甘いものを食べよう」と楽しみを作り、一週間がんばる糧にします。

娘もたまに、月曜日の保育園がイヤになるようで。「ママと一緒にいる!」とぐずることもありますが、話しながら行くと気晴らしにもなるようです。

しかし子どもは、気持ちの切り替えが早いですね。どれだけ行くのをイヤがっていても、園に着いて仲良しの子に会ったとたんニコニコ笑顔に。私の「行ってくるね」の言葉も耳に入らないのか、振り向きもせず元気よく園舎に駆け込んでいくんです。

そのドライさにちょっと寂しさを感じながらも、子どもを見習って気持ちを切り替え会社へ急ぐ、というのがいつものパターンになっています(笑)。

「最下位出勤にペナルティ」が仲良し3人組のルール(美琴さん/28/事務員)

私は職場の仲良し3人組で協力して対策しています。毎週月曜日は、「遅かった人がコンビニデザートを他の2人におごる」というルールのもと、競うように出勤。みんな最下位にならないようにと必死で出勤してきます。

shutterstock_84925414

負けても300円程度ですが、やっぱり悔しいじゃないですか(笑)! 昼食の後に他の2人がデザートをおいしそうに食べているのを、恨めしそうに見ることもしばしばです。しかしなんだかんだ、きちんと出勤できているので作戦成功!

早く出勤することでごほうびがもらえるし、余裕をもって始業時間を迎えられて良いことづくめ。いつも通り仕事をがんばっていれば、気がついたら月曜日が終わっています。

最近では最下位出勤にならないように、日曜の夜に朝の準備を済ませたり(笑)。どうしても気分が乗らないときは、周りを巻き込むことをオススメします!

「今日からまた1週間、がんばらなくては」と気負い過ぎると、〝行きたくない病〟を発症しがち。「月曜日はリハビリデー」くらいの心持ちがちょうどいい?! あくまでも「手を抜くのではなく、力を抜いて」いきましょう!

shutterstock_790459369

ライター:山下 朝起
嫁と娘に、我が家を占領されつつある、零細企業の営業マンライター。最近、嫁の離乳食熱がすごく、娘の食費のほうが高い! と気付いてしまいました(笑)。溺愛する娘のパパ見知り開始に怯えながら、毎日を懸命に生きてます。

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【仕事術】その他の記事

仕事術
もっと見る