コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

給与明細を捨てて招いた予想外の大ピンチ!「たかが紙切れじゃなかった…」

仕事

2020.10.15

働いている人にとって、待ちに待った給料日は心が躍るものですが、毎回渡される“給与明細”の扱いに、頭を悩ませている人も多いよう。年々増え続ける給与明細をどれくらいの期間保管するかで、様々な意見が飛び交っていました。

無駄に溜めても邪魔なだけ?

話題のきっかけとなったのは、とあるワーママの投稿。ある日家の整理をしていた彼女は、棚の奥から約10年分の給与明細を発見したそう。「さすがに古い明細はいらないかなと思うけど、ここ数年間の明細は捨てない方がいいでしょうか?」と悩みを打ち明けています。

 

相談者の投稿を受け、給与明細の保管期間に対してあらゆる意見が寄せられました。「どんどん溜まって邪魔になるから、私は1年間って区切りを決めて年末に捨ててる」「どうせ後から見返すことも少ないし、半年くらい経ったら捨てます」など、ある程度期間を決めて処分している人が多いようです。

 

極端な人だと「次の月に明細を貰ったら先月分は捨てちゃう!」「数字を確認して問題なければすぐシュレッダー行きです」という意見も。

 

>>NEXT 明細が手元にないと不安…という声も

1 / 3 ページ
あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【仕事術】その他の記事

仕事術
もっと見る