注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

仕事のキャパオーバーをひた隠す「昭和な働き方」もうやめよう

仕事

2020.05.24

はっきり「できない」と伝えた方がいい?

一方で実際に管理職として働いている人からは、「回りくどいことしないで、無理なら無理ってはっきり言ってくれた方がこっちも助かる」との意見が。確かに相談者も自覚しているように、こなせない量の業務を抱えていると、いずれ大きなミスに繋がってしまいます。当然、ミスは会社の不利益にもなるので、上司側もしっかり社員の業務量を管理したいところ。しかし大量の業務を抱えている社員が我慢をしてしまうと、キャパオーバーであることが表面化しにくくなってしまうそうです。

 

そのため、今回のお悩み相談には、「会社のためにもはっきり言うべきだと思う」「自分もなかなか言い出せなくてやっとの思いで『キャパオーバーです』って伝えたら、逆に『なんでもっと早く言わなかったんだ』って怒られた」といった声も。どうしても丸く収めようとさまざまな手段を考えがちですが、何よりまず、キャパオーバーな現状を報告するのが大事かもしれません。

 

そのほか、「ただ『できません』って言うだけじゃなくて、『どこまでできるのか』『業務にどれくらい時間がかかるのか』を具体的に伝えた方がいい」「上司に報告してまだ業務量が改善されないなら、派遣元に相談するといいかも」といった助言も。キャパオーバーな仕事を振られた時は、まずは今の状況を把握する必要がありそうですね。

 

>>NEXT 周りの社員もキャパオーバーの時はどうする?

2 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【仕事術】その他の記事

仕事術
もっと見る