コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

【初心者でも簡単!】エクセルで便利なカレンダーを作ろう!

仕事

2020.03.02

 

WEEKDAY関数を使って曜日を表示する

カレンダーの日付と曜日を正しく対応させる仕組みはWEEKDAY関数という機能によって作られています。

 

WEEKDAY関数とは、日付に対応する曜日を1~7の数値で表示する関数のことで、WEEKDAY(シリアル値,[週の基準])という書式になります。


入力例はWEEKDAY(C1)のようになります。

 

書式の「シリアル値」の部分には、全ページで紹介したDATE関数などで入力した日付のセルを指定します。

 

[週の基準]の部分は何曜日を「1」として表示するかを指定する箇所ですが、省略することも可能です。

 

入力例のように何も指定しなかった場合は、返される数値が1なら日曜日となり、数値が2なら月曜日、3なら火曜日…となります。

 

この機能を使って日付に対応する曜日を呼び出し、カレンダーの日付と曜日を正しく対応させて表示することができるのです。

エクセルで作ったカレンダーで、もっと便利なスケジュール管理を!

いかがだったでしょうか?

 

エクセルを使ったカレンダーの作成方法、想像以上に簡単です。

 

なんとなく敬遠しがちなエクセルですが、使ってみればとても便利なビジネスの強い味方になってくれます。

 

エクセルで作ったカレンダーを使って、より便利でスムーズなスケジュール管理を実現しましょう!

 

 

文/佐藤仁美

3 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【仕事術】その他の記事

仕事術
もっと見る