コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

保育園の送り迎えをする日にNGなのは〇〇できない服

仕事

2020.04.03

子どもの送り迎えを夫婦で分担している人は多いですが、子どもを送ったあとにそのまま仕事にいく人にとって悩ましいのが服装です。

動きやすい服を着たいところですが、仕事に行く以上あまりカジュアルな服を着るわけにもいかないという人も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は、保育園の送った後にそのまま出勤するという方向けに、ファッションのポイントをご紹介します!

まずはコーディネートのポイントから確認していきましょう。

 

動きにくくて着脱できない服はNG!

動きやすさはマスト

どんな交通手段で送り迎えをする場合も、動きやすさは絶対に外せないポイント。

子どもの送り迎えには、不測の事態がつきものです。急に「お腹が痛い」と言い出したり、「保育園行きたくない」とぐずり出すようなことも。時には子どもの都合で、ダッシュしなければいけなくなることもあるでしょう。

 

そういった事態に備えて、動きやすいコーディネートを考えておくのがおすすめです。

かかとの高いヒールや、足捌きが難しいボトムスなどは、おすすめできません。もし仕事中にヒールが高めの靴を履きたいのであれば、会社のロッカーなどにしまっておいて、出社後に履き替えるスタイルにしましょう。

 

体温調節のしやすい服を選ぼう

急にダッシュしたりすることも多い子どもの送り迎えでは、体温調節ができるような服を選ぶようにしましょう。

例えば春先に「まだ寒いかも」と厚手のニットなどを着てしまうと、子どもの送迎で走って汗だくになってしまうようなことも。

 

そんなときにすぐ脱いだり着たりできるよう、肌寒い日は厚手の服を一枚切るのではなく、ジャケットやカーディガンなどを羽織るのがおすすめです。

 

>>NEXT 素材選びを間違えると後悔するかも…

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【仕事術】その他の記事

仕事術
もっと見る