2019.09.26

浜辺で拾ったもので月収52万円!?驚きの副業続々!

最近、企業が続々と副業を解禁しています。その影響を受けて、一風変わった副業も増加中。今年9月に放送された『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)では、月収10万円以上の「主婦でもできる副業」を紹介していました。

 

シーグラスを集めて売るだけで月収50万円!?


はじめに登場した内山さんは、副業のために10帖ほどの部屋をレンタル。室内は羽子板や寿司桶の時計といった、和風なインテリアが特徴です。

 

内山さんが行っている副業とは、外国人観光客向けの料理教室。料理教室紹介サイトを通じて予約が入ると、3時間6000円で和食の作り方をレクチャーします。内山さんは特に人気の料理教師なので、最高月収46万円も稼ぐことができるそう。

 

次に副業を披露した渡辺さんは、バケツを片手に砂浜でシーグラスを拾い集めていました。シーグラスとは波と砂にこすられ、すりガラス状になったガラスの破片。装飾などに使われる材料で、角の取れた丸いフォルムと淡い色合いが魅力です。

 

このシーグラスを重さ別に1000円~2200円で販売し、月に52万円を稼いだことも。ときには企業からキロ単位の注文も入るため、出演した3人中最も副業で稼いでいました。

 

最後に副業を紹介してくれたのは、使わなくなった部屋を貸し出して月間で最高19万円を稼ぐ青山さんです。戦前に建てられた築75年の平屋を、4時間6000円の「レンタルスペース」として運用。趣深い部屋が「インスタ映えする」と若い女性から人気を博し、お誕生日会やコスプレイヤーの撮影場所として活用されています。

 

>>NEXT 縫いもの代行を副業にしている人も!

内田裕子

2人の娘と日々奮闘中。東京出身のフリーライター。
子育てや家事をいかに楽しく効率的に行うかを日々考えている。自分が料理教室に通うか、子どもにピアノを習わせるかで悩み中。家事の中では洗濯が好きで、保育園から大量に持ち帰られる洗い物に密かに闘志を燃やしている。