2019.08.22

仕事の失敗を引きずって退職…気持ちが切り替えられない社員の苦悩

仕事でミスをするとへこみますよね。へこみ続けるわけにはいかないので、自己流の“気持ちの切り替え方”を実践している人も。働く人々はどのようにして、前向きな気持ちにシフトしているのでしょうか?

 

仕事のミスが発端で退職する人も…


仕事のミスを引きずってしまう人は多いよう。例えば納期を間違えてしまった男性は、「いつ部署を異動させられるのかハラハラして仕方ありません…」と不安をあらわにしていました。

 

彼と同様にミスを引きずっている人は、「暗い気持ち」からの脱出を試みています。「周りの人から『気持ちを切り替えろ』と言われるのですが、どうすればいいのかわからなくて…」「クライアントを怒らせて、担当を外されてしまった。自分なりに気分転換してみたけど、全く効果ナシ」「僕がミスをしてから、明らかに周りの雰囲気が変わった気がする。このままだとヤバいとは思うけど、どうしてもポジティブに取り組めない」といったお悩みの声が。

 

中には立ち直れずに仕事を辞めてしまった人も見られました。周囲の人からは「きっかけは小さいミスだったけど、本人の中で大きくなっていったんだろうね」「暗い雰囲気のままだったので、最後まで話しかけられませんでした。相談してくれればよかったのに」といった意見が寄せられています。

 

>>NEXT 失敗するたびに落ちる人ってどう思う?

古山翔

娘2人と息子1人を抱えて奔走するパパライター。夫婦それぞれの仕事を充実させつつ、趣味の時間も確保するために家事や子育てのアップデートを欠かさない。自身は完全インドア派だが、アウトドア派の妻と元気な子どもたちに影響されてピクニックやキャンプをするようになった。