2019.08.12

ブラインドタッチをマスターしてパソコンスキルをUPする7つのコツ

パソコンスキルをアップしたい! そんなとき、まず思いつくのが「ブラインドタッチ(タッチタイピング)」ではないでしょうか? ブラインドタッチとは、その名の通り、キーボードを見ないで入力する方法で、マスターするだけで入力速度は格段に上がります。

それでは、早速、ブラインドタッチが上達するコツをご紹介しましょう。

 

ブラインドタッチの練習はローマ字入力から


「ローマ字は覚えるのがややこしいから、かな入力がいい」という人もいるのではないでしょうか。ところが、ひらがなは「45文字」ですが、アルファベットは「26文字」です。

英語が含まれている文章を入力する場合も多く、結局はアルファベットも覚えなければならなくなってしまいます。

かな入力ならば、キーボードの4段分に渡って指を動かすことが必要ですが、ローマ字入力の場合ならば、3段分さえ動かせば、画面を見ずに入力することができます。すぐに慣れると思うので、ブラインドタッチをめざすなら、ローマ字入力をおすすめします。

 

ホームポジションを覚える


ホームポジションというのは、文字入力をスタートする時に,指を置いておく場所のことです。左手の人さし指が「F」、中指が「D」、薬指が「S」、小指が「A」となっています。反対側、右手の人さし指が「H」、中指が「J」、薬指が「K」、小指が「L」となっています。

そこからどれぐらいの角度で指を伸ばすと目的のキーを押すことができるかを覚えることで、画面を見ずに打つことができるようになります。

毎回、文章を入力し終えた時や、ポジションがずれてしまった時には、いつもこのホームポジションに戻って仕切り直すことで、ミスを減らすことができるのです。

 

>>ブラインドタッチ上達のカギは母音のキー

佐藤 仁美

佐藤仁美です。
仕事をしながら子育て中です。日常にある疑問や発見を調べて解決して、記事にまとめています。