2019.07.23

家事の次は仕事!?評価されない「名もなき業務」への苦悩


最近、「名もなき家事」という言葉を耳にすることが増えましたよね。ネット上では、仕事バージョンの「名もなき業務」に注目が集まっています。仕事の負担になることも多い「名もなき業務」は、どうすれば解消できるのでしょうか?

 

「私がやらないと…」名もなき業務に苦しむ女性たち


ネット上には「名もなき業務」にお悩み中の女性が多数。例えば事務職の女性は、「自分の業務以外の雑用が辛い。コピー用紙の補充や買い出し、昼食時の電話番など色々なことを任せられてる」と頭を抱えていました。

 

他にも「『新入社員だから』と気遣って習慣にしてた作業が、今では私がやって当たり前に…」「事務用品の在庫チェックとかも、ちゃんと業務として扱ってほしい」「シュレッダーのゴミ捨ても『名前のない業務』のひとつ。結構時間がかかるのに、業務スケジュールの計算外だから負担になってます」「掃除する人がいないから私がやってる。最初は親切心でやってたけど、だんだん不満に変わってきた」といった声が。

 

中には「仕方ない」と割り切る人も多いようで、「こんな些細なことで不満を言うのもどうかと思う」「『名前のない業務』はしないのが1番。でも私がやらないと、ずっと放置されるだろうし…」というお悩みも見られます。

 

>>NEXT 「名もなき業務」に名前をつけるには?

牧野聡子

ライターとしてメディアで執筆を行う。家庭ではゲーマーお母さんとして子どもと毎日バトル中。また、生活にかかわる最新情報に目がない。知らないことがあるととことん調べるため、パソコンとゲームを往復する生活を満喫中。視力が年々悪くなっている。