注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

採用面接の「自己紹介」正解に悩む転職組の胸中

仕事

2019.07.17


企業面接ではときどき、返答に困る質問を投げかけられることも。特に「自己紹介」を促された際は、何を喋ればいいのか迷う人が多く見られます。では実際のところ、どのように自己紹介をすればいいのでしょうか?

 

時間制限つきの自己紹介を求められることも…


転職先を探している男性は、「自己紹介で何を話すべきかわからない」と心境を吐露。「面接の最初によく『自己紹介をお願いします』と言われますが、どう話すのが正解なのでしょうか?」と投げかけました。

 

ネット上には同じく、自己紹介に困っている人が多数見られます。「出身と名前、趣味とかを答えるのが定番だと思うけど… 履歴書に書いてあることを言ってるだけになりそう」「自己紹介を求められるたびに、正解を考えてしまいます。企業が求めてる理想の人物像を考えて喋るべきですよね」「そもそも企業側が自己紹介を聞いて判断したいことって何?」「ときどき『1分間自己紹介してください』って時間を指定されるときもある。そんなに長く話せないよ…」などの声が。

 

中には自己紹介での失敗談もあげられていました。「面白おかしく話そうとして、大いにスベってしまった」「途中で話すことがなくなり、笑ってごまかしたせいか不採用に…」「自分の短所をできるだけ明るく話したけど、面接官の反応は冷ややかだったな」といったエピソードは少なくありません。

 

自己紹介は「内容」より「話し方」重視!


面接の自己紹介を切り抜けた人からは様々なアドバイスが。目を引いたのは「企業側が何を見ているか考えるべき」との意見で、「自己紹介で1番求められているのは、自己紹介の内容ではなくトークスキル。もちろん喋れない人はNG」「うまく話せない人は事前に内容を準備して、流暢にしゃべれるよう練習すべき」などの対処法が寄せられています。

 

また自己紹介をする際の話し方についても、「企業面接でやりがちな、箇条書きっぽい自己紹介はNG。基本的な社会性が身についてるかどうかは、話し方にも表れます」「あくまでも相手がいることを意識して、自分1人だけで話を展開しないように気をつけましょう」「自分の経歴や特技で魅力的なものがあれば、強調して話すのもアリ。話のネタになりそうなものがあれば、積極的にアピールして場をなごませる」といった意見があがっていました。

 

しかし「面談の最後に自己紹介を求められた。もう話すことなんてないのに…」「自己紹介のあとに『自己PRをお願いします』って、もはや罠としか思えない」というイレギュラーなケースも見られます。やはり事前に様々なパターンを想定しておくべきなのかもしれませんね。

 

面接前には「質問への回答内容」の準備がマスト!?


面接の自己紹介は話し方の練習や、内容を準備しておくことが大切なようです。エン・ジャパン株式会社は以前、転職活動で面接を受けた人を対象に「『面接準備』についてのアンケート」を実施。面接前には、どういった準備が必要なのか見ていきましょう。

 

はじめに「面接準備としてやっておいたほうが良いと思うことは何ですか?」と質問。最も多かったのは、73%もの人があげた「履歴書・職務経歴書の確認」でした。2位は「想定される質問への回答内容の準備(70%)」、3位には「自身が質問したい内容の準備(62%)」がランクイン。

 

さらに同調査では、“うまく回答できなかった質問”についてもアンケートを行っています。1位は「“何か質問はありますか?”という質問」という回答が25%を占め、次いで「志望動機」を質問されて困った人が18%。そのほか「自分の長所・短所」、「退職理由」、「今後のキャリアプラン」などがあげられました。

 

どんな質問を投げかけられても困らないように、前もって対策したいものですね。

 

文/古山翔

 

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【就職・転職】その他の記事

就職・転職
もっと見る