2019.06.21

最悪、上司と部下が共倒れに… 業務が遅い新人を導く術はないのか

20190620sigotoosoi01仕事が遅い部下を持つと苦労しますよね。終わらせられなかった1日のタスクを引き継いだりと、同僚や上司の仕事が増えてしまうことも少なくないはず。ネット上でも「仕事の遅い部下」を持った人々の悲鳴が相次いでいます。

 

仕事の早さは本人の「気持ち」次第!?


部署内のノルマに追われている男性は、「このままでは自分か部下のどちらかが倒れてしまう」と心配の声を上げていました。「はじめはつきっきりで指導してたのですが、今では部下の仕事を僕が代わりにこなしている状況。なんとか部下の“仕事の早さ”を引き上げることはできないものか…」とお悩み中。

 

こういったお悩みに対してまず寄せられたアイデアは、「徹底的に時間を管理させたほうがいい。どんな仕事でもタスクごとに目安の時間を設定すると、どこで時間がかかってるのかが明確になる」という方法でした。しかし「時間を管理したところで、結局本人にやる気がないと何も変わらないのでは?」との指摘も上がっています。

 

部下の仕事に対する姿勢は重要なようで、「『どれだけ仕事が終わらなくても上司が代わりにやってくれる』と思ってる人って多い」「まず『早くやらなきゃ』という本人の意思が大切。本当にそう思ってるなら、仕事が早くなるために解決法を相談してまわるはず」「仕事が早い遅いって部下の気持ちひとつで変わると思う。上司が仕事を引き継ぐ理由は、あくまでも仕事だからであって『手を差し伸べてるわけじゃない』と理解してほしい」などの意見が続出しました。

 

>>NEXT 部下の仕事が遅くなる原因って?

古山翔

娘2人と息子1人を抱えて奔走するパパライター。夫婦それぞれの仕事を充実させつつ、趣味の時間も確保するために家事や子育てのアップデートを欠かさない。自身は完全インドア派だが、アウトドア派の妻と元気な子どもたちに影響されてピクニックやキャンプをするようになった。