注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「女性が就業中にメイクするのはマナー」と思っている人は約1割!?

仕事

2019.10.09

20190610meiku01株式会社エアトリが、20代~70代の男女616名を対象に「仕事中におけるメイク」に関する調査を実施。「女性はメイクをして仕事するべき」という風潮に対して、どう思っているのかが明らかになりました。

 

男性の6割が「メイクするしないは本人の自由」と回答


2019年3月にイギリスの航空会社が「化粧をしたくないスタッフはノーメイクで勤務することができる」という指針を打ち出しました。日本では「就業中の女性がメイクをすることはマナーである」という風潮がありますが、本当に全員がそう思っているのでしょうか?

 

20190610meiku02

まず全回答者に「就業中における『女性のメイク』の在り方についてどう思いますか?」と質問。「どんな職業でもメイクするしないは本人の自由」という回答は男性(58.2%)、女性(45.9%)ともに最多の割合を獲得しました。一方で「どんな職業でもメイクはすべき」と考えている人の割合は、男性(11.3%)よりも女性(12.1%)の方が多い結果に。ノーメイクでの仕事については、女性の方が厳しい意見を持っているようです。

 

20190610meiku03

次に「女性だけ仕事でメイクをしなければならない」という風潮について、「不公平さを感じますか?」とアンケート。男性は「感じる」「感じない」ともに29.1%でしたが、女性は「感じる」(31.1%)よりも「感じない」(36.6%)と答えた人の方が多くなっています。意外にも女性の方が、「メイクに対する不公平さ」を感じていないことが分かりました。

 

ノーメイク出社は「好印象」が多数派


男性のみに「ノーメイクで出社している女性に対してどう思いますか?」と尋ねたところ、「悪印象」と回答したのは1割以下。さらに13.1%の人は「好印象」と回答しています。“男性はノーメイクの女性が好き”とよく聞きますが、どうやら嘘ではないのかもしれません。

20190610meiku04

 

「悪印象」と答えた男性の理由としては、「メイクをすることは女性としての身だしなみの1つだと思います。反対に、男性も頭髪や髭を整えるといった身だしなみは必要だと思います」(30代・男性)、「女性はより美しくあってほしい」(50代・男性)、「ルーズな印象を抱く」(40代・男性)といった意見が上がりました。

 

20190610meiku05

最後に「職業によってメイクすべき」と答えた人へ、「どんな職業が『メイクすべき』だと思いますか?」と質問。1位は「受付・窓口対応」(83.9%)、2位は「キャビンアテンダント」(80.3%)、3位に「接客業」(78.5%)がランクインしています。やはりお客さんと直接顔を合わせる業務が上位という結果に。また男女間で最も差があったのは「社内事務」で、男性(3.6%)と女性(26.6%)では数倍の差がありました。

いろいろな考え方が認められるような、より仕事のしやすい社会になるといいですね。

 

■調査概要
調査対象:20代~70代の男女616名
調査期間:2019年4月25日~2019年5月3日
調査方法:インターネット調査
調査主体:株式会社エアトリ
※旅行サイト「エアトリ」調べ

 

文/原田美咲

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【ビジネスマナー】その他の記事

ビジネスマナー
もっと見る