2019.06.04

これだけは押さえておきたいビジネスマナー

112-1

新入社員であれば、研修などで1から教えてもらえるビジネスマナー。しかし、転職や復職などの場合、研修もなく、年齢的にも「知っていて当たり前」とだんだん聞きにくくなりますよね。
そんなビジネスマナーの基礎の基礎をご紹介します。言葉遣いや電話、名刺交換など、ここでこっそり復習して、周りの人に「できる人」認定してもらいましょう。


<1.言葉遣いの基礎>

ビジネスの世界では、上下関係がすべての言動を左右します。
言葉も同じこと。自分(もしくは会社)から見て目上の立場の人なのかどうか、この判断さえ誤らなければ、大抵のことはうまくいきます。
目上の人のことを話すときには尊敬語、目上の人に自分のことを話すときには「謙譲語」を使います。
例えば「言う」という言葉は、上司がしゃべる時は「~とおっしゃる」、自分が上司にしゃべる時は「~と申します」と、同じ意味でも言葉は変わります。
また、「です・ます」を語尾につける「丁寧語」を使うのも基本です。
これをふまえた上で、ビジネスのOKワード、NGワードをご紹介します。

お礼を言う時:
OKワード「ありがとうございます」 NGワード:「すみません」
→ネガティブワードである「すみません」は使わない方が無難です。

理解したことを伝える時:
OKワード「かしこまりました・承知しました」 NGワード:「了解です」
→「了解です」は目上の人が、目下の人に対して使う言葉です。

相手の苦労をねぎらう時:
OKワード:「お疲れさまです」 NGワード:「ご苦労さまです」
→「ご苦労さま」は目上の人が、目下の人に対して使う言葉です。

他には、何かをお願いしたり、尋ねたりする時には
「恐れ入りますが」「お手数ですが」
話を始める時には
「いつもお世話になっております」
などを付け加えることで、相手に好印象を与えることができます。
さらに、自分のことは男性であっても「私」という一人称を使うようにすれば、より完ぺきです。

佐藤 仁美

佐藤仁美です。
仕事をしながら子育て中です。日常にある疑問や発見を調べて解決して、記事にまとめています。