注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

簡単そうで案外難しい?副業として人気の「テープ起こし」で稼いでみよう!

仕事

2019.06.15

184-1

副業の中でも、「好きな時間に取り組める在宅ワーク」として人気が高いのが、テープ起こしです。比較的昔からある副業メニューの一つで、「テープに吹き込まれた音声」を文字に起こすという作業が、主な仕事内容となります。

「テープを聞いて文字に起こすだけなら、自分でもできそう!」と思う方も多いのではないでしょうか。そんなテープ起こしの副業について、魅力や注意点、実際にどの程度稼げるのかなど、気になる点をまとめて紹介します。

■テープ起こしの仕事の種類3つ

テープ起こしの仕事内容は、「依頼を受けた音声を文字に起こすこと」。しかしその内容は、より細かく、3つの種類に分類されます。

・素起こし
・ケバ取り
・整文、リライト

「素起こし」とは、録音されている音声を、そのまま文字にする仕事内容を指しています。音声を文字にしようとすると、微妙なニュアンスが変わってしまうケースも多いもの。しかし、「それでは困る」という仕事が存在するのも事実です。

このような場合に求められるのが「素起こし」の仕事で、録音されている音声を全てそのまま文字にすることが求められます。一言一句聞き逃さず、正確に作業をする必要があると言えるでしょう。

一方「ケバ取り」とは、余計な音声を取り除き、意味が正しく通じる形で文字に起こす作業となります。無意味な音や、不必要な音は、テープ起こしの段階で省いていきます。

テープ起こしの仕事において、もっとも多いのがこの「ケバ取り」タイプの依頼です。録音された内容の中で、「どこが必要なポイントで、どこが不必要なポイントなのか」を判断する力を求められます。またすっきりとした読みやすい文章に仕上げることも求められますから、「素起こし」よりも難しい部分もあります。

最後の一つ「整文、リライト」は、「ケバ取り」だけでは対応できないような部分も含めて、文章全体を整えながら音声を文字に起こす作業を言います。録音された人の「不要な口癖」を取り除く作業はもちろんのこと、話し言葉を書き言葉へと変換したり、内容によっては「見出し」や「箇条書き」などの装飾を加えたりと、高度な作業を求められます。

「ただ単純に音声を文字にすればOK」と考えていると、「こんなはずじゃなかった!」なんてトラブルにもつながってしまいがちです。

テープ起こしの副業をしよう!と考えたときには、自分がイメージする「テープ起こし」の作業内容についても、一度しっかりと確認しておくと安心ですね。

184-2

■「手軽さ」ばかりが強調される一方で……

自宅で作業ができ、納期に合わせて自分のペースで仕事ができる、「テープ起こし」。特別なスキルが必要とされるわけでもありませんから、「主婦向け」「小さなお子様がいても大丈夫!」などと、手軽さばかりが強調されるようなケースも少なくありません。

しかし実際にテープ起こしの仕事に取り組んでみると、求められる作業レベルはまちまちであることがわかります。またデータの元となる録音音声も、常に聞き取りやすく快適なものであるとは限りません。

たくさんの人が同時に会話を楽しんでいるような音声や、人の声よりも周囲の雑音ばかりが目立つような音声の、テープ起こしを依頼されるケースもあるでしょう。

テープ起こしの仕事は、納品した分量によって報酬金額が決定されるケースがほとんどです。このため、状態の悪いデータからのテープ起こしを受注した場合、「報酬金額はそのままで、作業時間ばかりが積み重なっていく……」なんてことにもなりかねません。

たとえ副業であっても、テープ起こしを「仕事」にするためには、やはりそれなりのスキルが求められます。ヘッドホンなどの仕事環境を整えるほか、テープ起こし専用の講座などに参加して、そのコツやテクニックを学んでみるのもオススメです。

■テープ起こしの副業で、どれぐらい稼げるの?

副業をする目的は、ずばりお金を稼ぐこと!テープ起こしについても、「実際にどの程度稼げる仕事なのか?」を気にする方は多いことでしょう。

テープ起こしの仕事の需要は高く、インターネット上でもさまざまな仕事がやり取りされています。スマートフォンなどで「重要そうな内容は、とりあえず録音する」という選択をしやすくなった今、「必要部分だけを選び文書化する」という作業のニーズも高まっている、というわけですね。

初心者からベテランまで、テープ起こしに関する仕事は、非常に選びやすい状況にあると言って良いでしょう。こうした状況の中、どれぐらい稼げるのかは「どのような仕事を選ぶのか」によっても変わってきます。

難易度も重要度も低い録音内容であれば、「60分5,000円程度」の仕事も存在していますし、ある程度専門性のある内容の場合「60分15,000円程度」で、募集がかけられるケースが多いようです。また録音音声が「外国語」の場合、さらに報酬金額は跳ね上がります。英語音声の場合、報酬相場は約2倍となるでしょう。

テープ起こしの副業は、実際の作業時間がどれぐらい必要なのかによって時給は変わってきます。まずは簡単そうな仕事から、自分のペースを見極めつつ、仕事を進めていくのがオススメです。

■まとめ

テープ起こしの副業は、在宅ワークの中でも「稼げる仕事」として人気があります。その仕事内容は、決して簡単ではないものも多いですが、「慣れ」と「経験」である程度対応できるようになっていくでしょう。

「やってみたい!」と思ったときには、多少単価が低くても、無理なく取り組める内容のものを選択するのがオススメです。徐々に自信を身につけて、専門性の高い内容にもチャレンジしてみてくださいね。

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【副業】その他の記事

副業
もっと見る