注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

副業したいけれど旦那がNo!~そんなときの対処法 

仕事

2019.05.30

001

子どもが小学校に入ったから、そろそろ働きたいな。そう考えているママたちは少なくないようです。でも問題は夫や家族の反対、ですよね。そんなとき、どうやって説得しますか? 

今回は、夫が言いそうな反対理由を想定して、その対処法をご紹介しましょう。


<旦那の反対理由1:家事がおろそかになる>

外に働きに出たら、その分、家の中の掃除や洗濯に費やす時間が減るわけだから、当然家事は手抜きになるだろう、というのが大方の夫サイドの見方。物理的にはたしかにその通りだけれど、そこで黙ってしまったら説得はできません。

スキマ時間を上手に使うので手抜きにはなりませんときっぱり答えましょう。
たとえば、夜のうちに洗濯機を回しておいて、朝は干すだけにするとか、家族が起きてくる前にリビングとキッチンの掃除は済ませてしまうとか。実際に行動で示しておくと説得がスムーズになるのではないでしょうか。

また、夕食に出来合いのお惣菜を使う、外食が増えるなどの食事の手抜きも、反対理由として挙げられることが多いようです。
買い物をしてきたら、お肉類は小分けにして冷凍したり、お休みの日に半調理したものを冷凍したり、常備菜をまとめて作ったりと、日々の夕食準備の時短を目指して工夫することで対処できます。
これも口頭で約束するだけではなく、前もって実行して夫に見せておくことが大事ですね。

たしかに、収入が増えると外食の機会も増すかもしれません。
でも、そのあたりはズルズルとファミリーレストランに行く機会を増やすのでなく、毎月第○土曜日の夕食はママが持つから、などと決めておくのがコツ。

つまり、ママはお給料を自分のためではなく家族のために使うというアピールをすることで、賛成が得やすくなるでしょう。


<旦那の反対理由2:子どもとの時間が減る>

ママが仕事をしているので、子どもに鍵を持たせるというのは、子どもがもう小学生以上になっている場合でしょう。
子どもが誰もいない家に帰ってきて留守番をするのは、かなりストレスになると言われます。最近では防犯上も、子どもが一人で玄関の鍵を開けて家に入るというのはリスクが高いかもしれません。
夫が小さいころ鍵っ子を経験していたりすると、なおさら、この反対理由は説得が難しいのも事実でしょう。そんな場合は、子どもが帰宅する時刻前に終わる仕事を探しましょう。あるいは、在宅で稼ぐことを考えてみるのもいいでしょう。
それでも、やはり子どもにはちょとガマンをしてもらっても働きたいというのなら、せめて帰宅後は子ども主導で過ごしたいものです。
子どもの年齢が低ければ、抱きしめたり、向き合って話したりと、スキンシップも含めて密度の濃い時間を作りましょう。
あるいは、宿題をする子どもの傍についているというのもいいそうです。

夫の反対に対して、こうした対策を考えていることを説明するとともに、結果的には、子どもがパパと過ごす時間が増えることも強調するといいでしょう。
「子どもがパパ好きになるわね」と喜ばせるのもいいかもしれません。

そして、何より子どもに犠牲を強いないことを夫にも子どもにも約束しておきましょう。ママのそうした姿勢を見ることで夫も考えを変えるかもしれません。

002
<旦那の反対理由3:世間体が悪い>

妻を外で働かせるということに抵抗がある男性は少なくないと言います。
男性は外で働き、女性は家を守るという発想がまだまだ根強い国なのでしょう。
しかも、既に奥さんが正社員でバリバリ働いているなら、まだ足りないの?と世間の風当たりは強くなるかもしれません。それも含めて、旦那は「世間体が…」と言うのでしょう。
義理の両親と同居していたり、近隣に住んでいたりすると、なおさら夫の反対は強固かもしれませんね。

もし家計が経済的にピンチなら、1か月の収支を数字で示して、少しでも家計の足しになるよう自分が働きたいことを夫に伝えましょう。
世間体などと言っている場合ではありませんから、現実的な話を夫と詰めた方がいいですね。
家計状況がそれほどでもないのなら、将来のために、たとえば、子どもの教育費や夫婦の老後資金などの足しにと具体的な目当てを説明した方が説得しやすいですね。

たとえ、お給料は自分のために使いたいと心の中では思っていたとしても、説得の段階では、「家族のためのイベントに使いたい」と切り出したいですね。
家族の誕生日や、ちょとしたホームパーティなどに+αの資金があると何かと心強いものでしょと、ぐいぐい攻めましょう。「あなたのお小遣いも少し増やせるかも」というのが、旦那をくすぐる決め手だとか。
働く前にはうまいことばかり言って、と後で夫に呆れられることのないよう、しっかり実行もしましょうね。


最後に、以上のような対処をして説得する際に、くれぐれも気をつけてほしいことをお知らせします。それは、「自立できるようにスキルを磨きたい」とか「もう一度社会に出て試したい」などの口実は、仮にそんな気持ちが1%くらいはあったとしても使わない方が賢明です。さては別れる準備をしているのか?と勘繰られる可能性もあります。そして、何よりの禁句は「あなたのお給料では足りないから」だということを忘れないでください。

以上、反対する夫への対処法をお伝えしましたが、いかがでしたか。禁句に触れないことを念頭において、夫の説得に是非努めてみてください。

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【副業】その他の記事

副業
もっと見る