注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

プチ起業!ママ世代にも人気の「ハンドメイド作家」って?

仕事

2019.03.21

200-1

自宅でもできる仕事がしたいと思っているママは少なくないのではないでしょうか?

現在ママ世代に注目されているのがハンドメイド作家です。

副業としても人気のハンドメイド作家についてご紹介します。

■ハンドメイド作家とは

ハンドメイド作家とはそもそもどういう人なのかというと、ハンドメイド作品を作ったり、ハンドメイド作品作りを職業としている人のことです。

プロでもアマチュアでもハンドメイド作家と名乗ることができます。実は明確な定義はないのです。

ハンドメイドを職業にしている人もいますが、趣味の範囲でハンドメイド作品を制作していてもハンドメイド作家です。

ハンドメイド作家になろうと思えば名乗りさえすれば今からでもなれます。ただ、周囲の人からもハンドメイド作家だと認めてもらうにはいくつかの条件があるでしょう。

ひとつは高い技術と意識を持つことです。ハンドメイド作家にはプロとアマの区別があります。プロのハンドメイド作家はハンドメイドの製作と販売などを本業として行なっている人です。

ハンドメイド作品で生計を立てられるようになったら誰が見ても間違いなくプロでしょう。

一方でプロ意識があり、技術があって自分の作品に責任を負う感覚を持っている人はセミプロと認識されるようです。もしブロのハンドメイド作家になろうと思うならセミプロのレベルを目指してみてもいいのかもしれませんね。

作品の公開や販売を行うのも作品に価値があると認めてもらうのに大切な手段です。ハンドメイド作品の販売実績があれば第三者に作品の価値を認めてもらったということになるでしょう。

その他にもハンドメイド作品をホームページで公開したり、展覧会で展示をしたり、ハンドメイド関係のレシピなどを出版するとハンドメイド作家として認識されやすいようです。

最後はオリジナリティーです。他の人のレシピやアイデアで製作するのも良いのですが、その人にしか作れないような作品が作れるようになると作家としてのランクがアップするようです。

またハンドメイド作品を制作する際に著作権違反や盗作をする人もいますが、そうしたルール違反をしているかどうかにかかわらず作家のオリジナリティーを評価される場面も多いので注意しましょう。

■買ってもらえるハンドメイド作家になるには

ハンドメイド作家に興味がある人にはハンドメイド作品で利益を得て副業にしたいと思っている人も少なくないのではないでしょうか。そう思う人はまず買ってもらえるハンドメイド作品を作りましょう。

ハンドメイド作品を販売するならオリジナル作品を制作するのが前提です。他の作家の作品を真似したり、キャラクター生地を使った作品を制作すると著作権の問題で販売できないことがあります。個人的な用途でないハンドメイド作品はオリジナル作品に限定しましょう。

オリジナルのハンドメイド作品を完成させたらその作品を公開して多くの人に見てもらえるようにします。

作品はSNSなどでも公開することができますが、販売する前提であればハンドメイドマーケットに出品してみましょう。ハンドメイドマーケットでは「minne」(https://minne.com/?a8)が有名ですね。

多くのハンドメイドマーケットのシステムはハンドメイド作家が出品した作品を誰かが購入したら、入金された金額から手数料を差し引くというものになっています。

minneは販売手数料が比較的安価と言われています。また登録料金や月額料金がかかりませんので人気があります。

ハンドメイドマーケットなどでお金をもらうことができたらもうプロのハンドメイド作家と言われて遜色ないでしょう。

ハンドメイド作品だけで生計が立てられる人気のハンドメイド作家になるのは難しいかもしれませんが、ハンドメイド作品を作れば誰にでもそのチャンスがあるのはうれしいですね。

200-2

■行動してみることが大切です

売れっ子のハンドメイド作家にはハンドメイドが苦手だったという人もいます。ある時ハンドメイド作品制作の楽しさに目覚め、作り始めてからママ友たちに売ってほしいと頼まれるようになったそうです。その後ハンドメイドマーケットに登録して販売を始めたところ、プロのハンドメイド作家と呼べるような売り上げがあったといいます。

マネタイズの手段としてハンドメイド作家になるのも良いのですが、趣味としてハンドメイド制作を楽しんでいる人の方が適正はありそうですね。最初からお金にしようと思わずに楽しめる範囲で始めてみるのが良いでしょう。

ハンドメイド作品を制作したら友人や知人などに見せてみて、反応を見てから販売するようにするとすぐに売れるようになるかもしれません。

逆に、すでにハンドメイドを個人的に楽しんでいる人の中には、「趣味で作ったものを他人に販売するなんてとてもとても……」と思っている人もいるのではないでしょうか。

そういう人は発表の機会を多く持ってみることをオススメします。趣味で製作したものが実はとても需要のある商品になり得るかもしれないからです。材料費と制作時間などのバランスをとりながら作家生活を送ってみてはいかがでしょうか。

ハンドメイド作家になろうと思ったらまず作品を作る、発表する、販売するなど、実際に行動してみましょう。そうすれば道は開けていきますよ。

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【副業】その他の記事

副業
もっと見る