注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ママたちが副業を始めてプラス&マイナスだったこと

仕事

2019.03.19

198-1

貯金するには節約をするのも重要ですが、それ以上に収入をアップさせる方が楽だったりもします。

そのために副業を始めるママも少なくありません。

しかし、副業にはプラスの面とマイナスの面があるようです。ママたちが副業を始めてプラス&マイナスだったことをまとめました。

■プラスだったこと

副業に定義はありませんが、副業は本業のある人がそれとは別に非正規雇用で別の仕事を行うことを指します。

ママの副業はどういうことかと考えると、家事や子育てを本業として空いた時間に行う仕事のことを指すことが多いようです。

従って副業の一番のメリットは、空いた時間に仕事ができるということがあります。フルタイム勤務をしたり、役職に就いたりすると仕事のための時間を多く取られてしまいます。

家事と育児、仕事を両立させるために保育園やベビーシッターなどをフルに使えばそれだけお金もかかります。

なのでせっかく正社員としてフルタイム勤務をしていても出費の方が多くなってしまうこともあるのです。

副業であれば家事と育児を最優先にできます。自宅でもできる仕事が増えてきていますので、それらを選択すれば煮込み料理をしている間でも仕事ができますよ。

またママは限られた人間関係しか作りにくいですが、副業をしていると色々な人と接することになります。

職場に出勤するタイプの副業であれば職場の同僚やお客様と接する機会が増えます。なので副業をしていると人とコミュニケーションができるため、気持ちがリフレッシュされると思っている人も多いです。

副業をするなら得意なことや好きなこと、スキルを活かした副業を選ぶようにすると満足度が高いようです。趣味を仕事にというと稼げなさそうなイメージもありますが、副業ならそれ程稼ぎを気にする必要もないでしょう。

最近増えているのは洋服作りなどの洋裁、撮影した写真、制作したイラストなどをインターネットで販売するスタイルの副業です。

単価はそれほど高くなくても好きなことができるという点でやりがいが感じられます。また実績があれば単価アップのチャンスもあるでしょう。

英会話講師、ピアノ講師、ネイリスト、マッサージ師などもやりがいを感じやすい仕事だといいます。素質やスキルを活かすものですので、一から始める仕事よりは比較的楽に取り組めます。

講師の仕事は副業でも安定的な収入が期待できるところがプラスとなっているようです。

198-2

■マイナスだったこと

副業でマイナスなことと言えば報酬額が低いところではないでしょうか。ママ向けの在宅ワークにはお菓子の袋詰めなどの内職もありますが、全体的に報酬が低めです。

空き時間を有効に使うには在宅ワークは有効な手段ですが、同じ時間働くのならコンビニなどで働いた方が時給がはるかに上だったりもします。

またハンドメイド作品は作る手間と収入が割に合わない場面も多いようです。時間をかけて作ったものでも材料費ギリギリの値段で売ってしまえば時給換算すると悲惨なことになります。

しかしママの作品ということで商品の代金を低めにされることも少なくないようです。品質の高いイラストでも一般的なイラストレーターよりも安い値段で買い取られたりします。

主婦の副業となると、夫の存在が感じられる分、安く見積もられがちなのがマイナスです。

外勤の副業でのマイナスポイントは急な休みが取得しにくいことでしょう。副業は空き時間にするのが基本ですが小さい子どもの場合発熱などで急遽休みが必要になることがあります。

副業だとシフト制の勤務のところが多いですから自分が欠勤するときは他の人と連絡を取ってシフトを埋めなければなりません。

あまりにも休みが多いようだと同僚のひんしゅくを買います。そのために休んだら菓子折りを持っていくなど気遣いをする人が多いです。そうした気遣いをしなければならなかったり、休みを取得する必要があるのが外勤の副業でのマイナス面です。

■副業で注意するポイントとは?

副業をするときに注意したいのは扶養控除です。ママの多くは配偶者控除の対象になっており、社会保険料が免除されます。ただし副業で一定以上の金額を稼ぐと税金を支払ったり、自力で社会保険に入らなければなりません。

一般的には年収103万円を超過すると扶養控除から外れます。扶養控除を外れると所得税の非課税が発生します。するとそれだけの支出が発生し、手取りが目減りしてしまいますので注意しましょう。

年収106万円を超過すると社会保険に入らなければなりません。社会保険に入ると毎月1万円前後の社会保険料を納める義務が発生しますから、やはり手取りが減ります。

支出が増えると労働時間を増やしても手取りが減ってしまうという働き損状態に陥ります。社会保険の対象となる条件は副業の勤め先の従業員数などによって異なります。自営業でない人はチェックしておきましょう。

また自営業の人の場合、副業で20万円以上を稼ぐと確定申告が必要になります。確定申告をしないままでいるとペナルティーもありますが、還付金なども戻ってくるので収入がある人は毎年忘れずに確定申告をするようにしましょう。

このように副業にはプラスの面もマイナスの面もあります。もし身近なママ友が副業をしていたらどんな仕事をしているのか聞いてみてもいいですね。

副業に何を求めるかは実は自分自身が決めることです。お金が欲しい人もいれば仕事でやりがいを感じたい人います。是非、ご自身に合った求人を探してみてください。

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【副業】その他の記事

副業
もっと見る