注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

空いている時間を有効活用!Wワークに向いている仕事まとめ

仕事

2019.03.19

197-1

子どもを育てるにはお金がかかりますよね。特に私立の幼稚園や大学に通わせるには公立よりも多くの学費が必要になります。

本業の収入だけでは足りない場合、空いた時間でWワークをしながらそれらのお金にあてるママも少なくありません。

働くママにもオススメのWワークに向いている仕事をまとめました。

■資格や専門知識が不要な仕事

Wワークは掛け持ちしやすい仕事ができると都合がいいです。そして、掛け持ちしやすいのは資格や専門知識が不要な仕事です。

未経験者OKであれば、条件が合えばすぐに仕事を始めることができます。

飲食関連の仕事にはファストフード店、ファミリーレストラン、レストラン、居酒屋、カフェのスタッフ、食品製造と販売、宅配とデリバリー、パン屋・ケーキ屋など。

販売関連ではコンビニ、家電量販店・携帯販売、ドラッグストア、書店、レンタルビデオ、アパレル販売、インテリア・雑貨販売など。

接客関連の仕事には警備員や監視員、ポスティング、ガソリンスタンドなど。

レジャーやエンターテイメント関連ではイベントスタッフ・コンサートスタッフ、フロント・受付、カラオケ、ホテルスタッフなどがあります。

ママに人気の事務スタッフも、一般事務、受付・電話応対、伝票整理、DM作業、資料作成は専門知識が不要なところも多くあります。

■能力や素質を活かせる仕事

専門知識や技術のあるママならスキルを活かせる仕事をするのが良いでしょう。

そうした仕事は資格が必要になる分時給が高めになることが多いので、短時間でも満足できる収入が得られるでしょう。

学業に自信のある方にオススメなのは塾の講師や家庭教師、インストラクターのアルバイトです。英会話講師やOAインストラクターなども含まれます。

IT関係の知識のあるものなら自宅で仕事をしてみるのも良いでしょう。

データ入力やPC入力、ユーザーサポート、システムエンジニア、Web構築と運営、プログラマーなどの仕事があります。

人と接するのが得意という人は、販売スタッフや営業スタッフ、コールセンター、キャンペーンスタッフ。逆に人と接するのが苦手だけれど、マイペースで仕事がしたいという人にオススメなのは軽作業などがオススメです。

仕分け、ピッキング、品出し、商品管理、在庫管理などは倉庫や工場で地道にできる仕事です。もし工場で働きたいと思ったら工場専門の求人もあるのでチェックしてみましょう。

一般事務は経験がない人でもできますが、資格や経験がある人は少し専門的な事務職に就いてみても良いでしょう。営業事務、経理事務、企画、派遣コーディネーター、広報・宣伝・販売促進などがそれにあたります。

 

197-2

■ブラックバイトの見分け方

副業はアルバイトが基本になります。しかしアルバイト先によってはブラックな内容の業務や勤務を強いられることもあります。

しかもなかなか抜けられないというジレンマに陥る人も多いようです。

当然ながらブラックバイトはWワークに不向きです。ブラックバイトの見分け方を知って、求人の段階でそれらのブラックバイトを避けられるようにしておきましょう。

まず、アルバイト先を探すときに毎回求人が出ている会社のアルバイトはやめましょう。大手企業の大量採用でなければ同じ求人が繰り返されているのは不自然です。

人の入れ替わりが激しいブラック企業の可能性も考えられますので注意しましょう。

次に募集内容で具体的な待遇が書かれていないアルバイトです。

普通の会社であれば勤務時間と勤務日数、交通費支給、残業についてははっきりと書かれているはずです。

そうした募集内容をはっきり書かない会社は人には見せられないような勤務実態なのかもしれません。ただうっかり載せていないだけという可能性もあります。不明点があれば前もって電話などで確認を取ってから応募したほうが安全です。

未経験者大歓迎を強調している会社もブラックバイトである可能性があります。

未経験でもできるアルバイトは確かに多いですが、あまりにも未経験者を強調している場合は人集めのために躍起になっている可能性があります。仕事につけてもすぐに辞めてしまうような職場という見方もできますね。

また、アルバイトの面接が無い場合、企業側は「誰でも良い」と思っている可能性があります。

いっけん面接に行く手間が省けてラッキーとも感じてしまいそうですが、誰でも良いとされていては、採用された後に大事にされるとはとても思えません。悪く言えば使い捨てにされる可能性もあるので、面接なしと書かれているアルバイトはやめた方が無難でしょう。

また面接があってもいい加減でお互いの相性を見ることができなかったり、仕事の話をしてもらえなかったり、質問に答えてもらえなかったりするようであれば快適に働けるとは考えにくいです。面接に進んでも「ここはまずいな」と思ったら遠慮せずに辞退しましょう。

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【副業】その他の記事

副業
もっと見る