注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

資格なしでも自宅で稼げる!スキマ時間で「プチ副業」ネックは時間管理

仕事

2020.04.21

家事や育児に追われながらも、スキマ時間を使って「副業」をしている主婦は少なくありません。テレビ番組などでも。家計の助けになる「プチ副業」について特集されています。

話し相手になって収入ゲット!?


新しい副業の形として最近人気を集めているのが、知識・経験・スキルを売買できるインターネットサイト「coconala」。提供されているサービスはさまざまですが、「coconala」を活用してお金を稼いでいる人のなかには“電話で相談に乗る”ことでお金をゲットしている人も。

 

特別な資格などがなくても、ユニークなサービス内容がウケてリピーターがついたり、口コミで利用者が増える可能性もあるそう。

 

写真好きな人なら、その趣味を生かしてプチ副業を行うのもおすすめ。一般人でも写真を販売できる「スナップマート」というサイトを通して、企業が広告などに使う写真を撮影してお金を稼ぐという方法もあるようです。

 

販売するための写真というと一眼レフカメラが必要なように思いますが、スマホでもOK。趣味や散歩がてらに自然体の写真を撮れば、副業に繋がるかもしれません。

 

副業で楽天ポイントが貯まる?

料理が得意な人なら、レシピ投稿がプチ副業につながります。その日の夕飯のおかずを写真と一緒に「楽天レシピ」などのレシピサイトにアップすると、1つのレシピ投稿につき50ポイント(50円相当)がもらえます。1日3食分を1カ月投稿すれば単純計算で約4500ポイントに。

 

特に、普段から楽天ポイントを貯めている方にはおすすめの方法です。

副業は時間管理がネックに!


では実際に、副業に興味を持つ人はどれほどいるのでしょうか? エン・ジャパン株式会社は、以前「副業」についてのアンケート調査を実施しました。

 

20代~40代の正社員3111名に「副業に興味ありますか?」とたずねたところ、「興味がある」と答えた人は88%に。理由として、「収入を得るため(83%)」が最多の結果となりました。また“今まで副業の経験があるかどうか?”を質問すると、68%の人が「副業経験がない」と回答。副業経験がある人は32%で少なめの割合でした。

 

そこで同調査では、「副業をする際に、難しかった(難しそうだと思う)こと」をリサーチ。副業の経験者/未経験者の両者共、「時間管理」という回答を1位にあげています。他にも、「確定申告など、事務作業に関する知識・処理」「本業との切り分け」「スキル不足」などがランクイン。本業の仕事をこなしながら副業を行うのは、なかなか難しいようです。

 

普段の生活に支障が出ない「副業」が見つかれば、ちょっとしたお小遣いになるかもしれませんね。

 

関連記事:浜辺で拾ったもので月収52万円!?驚きの副業続々!

 

文/河井奈津

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【副業】その他の記事

副業
もっと見る