注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「副業」で笑う人と泣く人の違いとは?

仕事

2019.08.10

 

近頃、本業をやりつつ副業を始める方が増えてきています。副業OKの企業が増加していたり、芸能人でも自分がデザインしたジュエリーを販売したり、飲食店を経営したりと、さまざまなサイドビジネスが展開されています。

副業の目的は「収入を得ること」ですが、当然リスクもあります。失敗すると、本業やプライベートに支障をきたしてしまうことも…。お金を稼ぐために始めたのに、借金を背負って不幸になってしまっては、元も子もなくなってしまいます。

ここでは、副業の種類についてをはじめ、副業を始めるにあたってどのようなことに気を付ければよいか、副業で笑う人(幸せな人)と泣く人(不幸な人)の特徴をそれぞれご紹介します。また、副業のリスクをできるだけ少なくする方法もお教えします!

 

■副業(サイドビジネス)の種類について

毎月の収入を少しでも増やしたいという思いから、副業を始める方が増えています。ですが、実際に副業に興味はあっても、どんなことをしたらいいのか?自分に合った副業は何か?など、分からない方がたくさんいます。

一言で「副業」といっても、たくさんの種類があります。近年では、インターネットが普及したことでネット副業が増え、副業の総数は100種類以上と言われています。そんなたくさんある副業の中で、自分に合ったものを見つけるのは難しいのが現状です。

副業は、大きく分けて3つに分類されます。それは、ネット系副業、労働系副業、投資系副業です。

まず、「ネット系副業」ですが、これはパソコンを使って在宅でできる副業になります。副業=ネット系と言うほど、今の副業の中では最も主流です。クラウドワークやアフィリエイトなどの専門的な知識が必要なものから、転売やアンケートに答えてポイントを貯めるなど、誰でもできる簡単なものまで、種類も豊富で収入にも大きな差があります。

次に、「労働系副業」ですが、その名の通り労働して稼ぐ方法です。アルバイトをはじめ、ミステリーショッパーや治験参加などがありますが、外に出向くことや時間の縛りがあることなどから、本業との兼ね合いが重要になります。

そして最後が、「投資系副業」です。代表的なもので言うと、株式やFX、不動産、仮想通貨などです。投資系の副業は、短い時間で簡単に大金を稼ぐことが可能ですが、最もリスクが高い副業になります。始めるにあたって、元手となる資金が必要であり、その資金が減ったり無くなってしまう可能性があるからです。

パソコンに強い人はネット系副業を、資金がある人は投資系副業をと、自分に合ったものを選ぶとよいでしょう。

■副業を失敗する人には特徴があった!

いざ副業を始めてみたけれど、収入どころかむしろマイナスになってしまったという方や、長続きせずに辞めてしまったという方がいます。このように、副業に失敗してしまう人には共通する特徴がありました。下記の特徴に、1つでも当てはまるという方は要注意です!

①無計画な人(当たって砕けろ精神で知識がない)

②他人の意見に流されやすい人(自分がやりたくないことをやって長続きしない)

③借金しても平気な人(お金にルーズだといつの間にか借金地獄に陥る可能性大)

④時間の管理ができない人(本業と混在してしまい無理して体調を崩してしまう、など)

⑤会計の知識がない人(副業も立派なビジネスなので、最低限の会計知識は必要)

⑥一過性がない人(考え方がコロコロ変わり、別の副業に手を出しては失敗する)

⑦妄想が激しい人(副業=楽だと思い込んでいる人は長続きしない)

⑧頑固な人(自分が正しいと思い込み外からの情報を全く取り入れない)

一方で、副業に成功する人は、失敗する人の真反対の特徴を持っています。具体的に言うと、前向きで計画性のある人、自分の意見をしっかり持っている人、お金や時間の管理がしっかりできる人、頭が柔らかく色々な情報を取り入れられる人、などです。

■リスクをなるべく少なくする方法とは?

副業を始めたいけれど、失敗のリスクを少しでも減らしたい…という方は、始める前の下準備が大切です!

まず1つ目は、資本金を準備することです。これは投資系副業に限ったことですが、生活費とは別に副業用の資金を準備する必要があります。理想は1,000万円程ですが、数百万からでも十分始められるでしょう。あくまでも、余裕をもって準備することが大切で、生活が苦しいのに生活費を削ったり、必要なお金を回すことは厳禁です。

2つ目は、事前に顧客を探しておくことです。顧客が必要な副業である場合は、あらかじめ人脈を広めておくことが大切です。

そして3つ目が、税理士を見つけておくことです。これは何の副業かにもよりますが、事業規模が大きいほど税理士に依頼する機会が増えるので、前もって探しておくとよいでしょう。年間で数百万円の利益が出る場合は、税理士を雇うことをお勧めします。

 

■まとめ

副業は、初心者でも簡単にできるものから、専門的知識が必要なものまでさまざまです。せっかく始めるなら、失敗のリスクを最小限に抑えて、なるべく多く稼ぎたいと誰もが思うはずです。

失敗する特徴に当てはまるという方は、今一度自分を見つめ直し、自分に合った副業を見つけるとよいでしょう。そして何より、やっていて楽しくないと長続きはしないので、それも踏まえて探してみてください。

副業で笑うか泣くかは、あなた次第と言えるのではないでしょうか。

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【副業】その他の記事

副業
もっと見る