注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

他人の仕事を勝手に取る同僚は職場の人間関係を壊すのか!?

仕事

2019.08.22

20190423tantou01近年注目を集めてるブラック企業では過重労働などが問題視されていますが、中には率先して多くの業務を抱える人も。そんな中ネット上では、「他人の仕事を勝手に取る人」について熱い議論が交わされていました。

 

他人の仕事を取るのは間違い?


今年4月にとある女性ネットユーザーが、職場での体験談を掲示板に投稿。最近他の部署から女性職員が異動してきたのですが、かなり経験豊富で他の人の仕事までやってしまうそうです。しかし同ユーザーは、担当の人を差し置いて仕事を取るという行為にイラっとしてしまうとのこと。そんな自分は少数派なのか、ネット上で意見を求めていました。

 

同じように感じる人は多いようで、「どういう仕事なのかにもよるけど、勝手にやるのはアウトじゃない? ミスがあった時に責任とれないでしょ」「『自分は仕事ができる』っていうのを誇示してるみたいで鼻につく」「たとえ完璧にこなせたとしても、他の社員の成長に繋がらないよね」「そういう人がいると、他の社員がサボってるみたいに思われて迷惑」といった声が。また「仕事取ってもいいけど、やるからには最後まで終わらせてほしい」との意見も寄せられています。

 

一方で「仕事やってくれるなんて最高じゃん! なんでダメなの?」「自分なら喜んで仕事を渡す」「そんな有能な社員がうちのチームにもいたらな…」「上司やチームリーダーが把握していれば全然OKなのでは?」という人も。業務に支障のないやり方なら、担当外の仕事が喜ばれるケースもあるようです。

 

その他「単純にコミュニケーション不足でしょ」という指摘もされており、ネット上では「次から『事前に声をかけてほしい』って言えばいいと思う」「本当に困ってるなら『ここは○○だから私がやるね』って伝えれば解決する話」といったアドバイスが。“担当外の仕事をやる人”も“やらない人”も、一度しっかり話し合えば良いチームワークを構築できるかもしれません。

 

他人の業務を押しつけられる人も?


世の中には率先して他人の仕事をやる人もいれば、「担当外の仕事はやりたくない!」という人も。以前ネット上では、担当外の業務をやらず怒られてしまった人のお悩みが話題になっていました。

 

投稿者は自分に割り当てられた仕事をしっかりこなしていたのですが、ある日「お前はもっと他人のフォローをしろ」と言われてしまったとのこと。しかし業務の量や負荷は均等に割り当てられているため、「そもそも間に合わないやつが悪い」と主張しています。また手伝って自分の業務を増やしても、給料は変わらないので明らかに損。“間に合わない人”の成長にも繋がらないので、「フォローをしろ」という要求に疑問を呈していました。

 

こちらの投稿にも、世の社会人から様々なアドバイスが。「程度にもよるけど、少しくらいならフォローするでしょ。自分が困った時も助けてもらったりするしお互いさま」「投稿者だけが『フォローしろ』って詰め寄られたのなら間違い。フォロー役の人を順番で回したり、手伝ったぶんだけの給料を出すべき」といった意見が寄せられています。

 

同僚が残業していたら残って手伝うべき?


その他ネット上では「自分の仕事が終わっても、他の人が残業してたら残って手伝うべき?」という質問が。「割り振られた業務が終わったら帰っていいでしょ」という声も多いですが、実際のところはどのようになっているのでしょうか。以前「公益財団法人 日本生産性本部」が発表した「平成29年度 新入社員『働くことの意識』調査結果」では、48.7%の人が「上司や同僚が残業していても自分の仕事が終わったら帰る」と回答。前年の38.8%と比べ9.9%上昇しています。

 

とはいえ「情けは人の為ならず」という言葉もあり、他人の仕事を手伝うことで巡り巡って自分が得することも。特定の人に負担が集中し過ぎない程度で助け合えると良いですね。

 

文/河井奈津

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【コラム】その他の記事

コラム
もっと見る