2019.04.08

未だに電話派?LINEでのお礼の…なぜ”重みがない”と断言できるのか

20190404line01お世話になった相手に“お礼の連絡”をするのは、大人としての大切なマナーです。最近は電話を利用するのではなく、SNSアプリの「ライン」を使う人が急増中。電話派とライン派に分かれているようですが、使い分ける基準はどこにあるのでしょうか?

 

「ラインじゃなくて電話にして」と夫に怒られた妻に擁護の声


ネット上に寄せられた「お礼の言葉をラインで伝えるのはNG?」という声に対して、さまざまな意見が集まっていました。事の発端は、とある妻の「家族同士で仲がいい夫婦にラインでお礼の言葉を伝えたら『ラインじゃなくて電話にして。その方が気持ちが伝わる』と夫に怒られました」というコメント。さらに「ラインの方がお互い楽だと思うのですが、電話の方がいいのでしょうか?」と疑問を投げかけています。

 

“彼女を擁護する”人は多いようで、ネット上では「旦那さんが気にし過ぎかな。ラインくらいの方がお互い気楽でしょ」「毎回電話だと相手に気を遣わせる気がします。私はラインで充分だと思うけどな」「夫の気持ちもわかるけど、友人や知人ならラインでOK」といった声が。

 

中には、ラインと電話の“使い分け方”をコメントする人も続出。「何か頂きものがあるなら電話がマスト。それ以外はラインで問題ない」「上司の家族だった場合は電話の方がいいかも。ラインだと軽く思われる可能性があるからね」などの声が見られました。

 

>>NEXT 文章よりも声で伝えるのがポイント?

長谷部ひとみ

夫の両親と息子と娘、キュートすぎる柴犬との6人+1匹暮らし。バスガイドから心機一転、ライターとして活動中。岩手県の実家に帰ると、その後1週間ほどは訛りが抜けないのが悩み。数学が大の苦手で息子に教わっている。