2019.09.13

「今日はひとりで過ごしたい…」職場ランチのお誘いをうまく断るには?

カフェでランチを食べる

 

職場でのランチタイム、みなさんはどう過ごしていますか。同僚と一緒に食べるのが好きな人もいるかと思いますが、お昼休みくらいはひとりでのんびりしたい…という方もいるのではないでしょうか?

また、節約中だったりすると「ちょっと奮発して〇〇に行かない?」なんてお誘いを負担に感じたり…。

 

そんなとき、役立つ角の立たない上手な断り方をご紹介します!

 

 

健康を盾にされたら誰も何も言えない


「ダイエット中なのでしばらくお弁当にしてるんです」

角を立てないランチの断り方として最強なのは、やはりお弁当持ちであること。「お弁当を持ってきたので」という一言でOKなので、断った方も断られた方も、余計なストレスを感じることがありません。

お弁当持参を続けているうちに、「お弁当を持って来ている人」というイメージができるので、ランチのお誘いは掛からなくなりますよね。

ただ、これまでは一緒にランチに出掛けていたのに、急にお弁当を持って来るとなると、最初は少し気まずいもの。そんなときは、「太ってきたから、ダイエットのためにしばらくお弁当にするね」「パパの中性脂肪値が高くて、検診で引っ掛かったから、一緒にお弁当にすることにしたの」など、ダイエットや健康を理由にすると、納得されやすいのではないでしょうか。

 

実際、簡単なものでもお弁当を持って行く習慣をつけると、健康面でも経済面でもメリットが大きいですよね。

 

>>NEXT 他人が踏み込みにくい「家庭」を言い訳にしよう!

佐藤 仁美

佐藤仁美です。
仕事をしながら子育て中です。日常にある疑問や発見を調べて解決して、記事にまとめています。