2019.09.07

ひきこもりには農業体験…国の新たな施策はハードルが高過ぎない?

子育てをする身としてはどうしても気になってしまうひきこもりやニートの問題。先月厚生労働省は、新たなひきこもり支援のモデルを固めました。農家と提携して行われるこの政策に、賛否の声が相次いでいるようです。

 

農業体験プランに疑問の声!


先月報じられたのが、「農業体験を通じて就労準備をする」という厚生労働省のひきこもり支援プラン。2020年度にスタートする予定の同政策は、全国5カ所ほどで実施されることになっています。

 

生活リズムの改善やコミュニケーション力の向上が目的のひとつとされていますが、効果のほどには疑問の声も上がっていました。「引きこもっていた人に、いきなり農業体験はきついと思うな」「農家って大変な仕事だよね。忙しいだろうし最初っからハードルが高すぎない?」「農業は早朝作業も結構多いけど、ちょっと厳しい気がする…」「夏は暑いし冬は寒いし… 気軽にできる仕事じゃないと思う」といった意見が続出。さらに、「受け入れる農家の方に迷惑になるとまずいよね」などの心配も寄せられています。

 

>>NEXT 体を動かす作業だからこそピッタリ!?

内田裕子

2人の娘と日々奮闘中。東京出身のフリーライター。
子育てや家事をいかに楽しく効率的に行うかを日々考えている。自分が料理教室に通うか、子どもにピアノを習わせるかで悩み中。家事の中では洗濯が好きで、保育園から大量に持ち帰られる洗い物に密かに闘志を燃やしている。