2019.09.16

職場の同僚から友だち申請…SNS疲れを防ぐ最低限のマナー

スマホを見る女性

LINEにFacebook、Instagramなど、SNSは私たちの生活にとって非常に身近な存在となっています。積極的に活用し楽しんでいる!という方もいれば、できるだけ距離を置いているという方もいるのではないでしょうか。

 

さて、社会人として注意したいのは、「職場の人とSNS上でどのような付き合いをしていくのか」という点についてです。一歩間違えれば、トラブルにもなりかねません。

 

職場の人とSNSでつながる前に知っておくべきメリットやデメリット、注意点などをまとめます。

 

職場の人とつながるメリットについて


SNSがこれだけ身近になった今、職場関係の人とつながるメリットも多々あるでしょう。たとえば、以下のようなポイントが挙げられます。

 

・SNSを通じて、お互いのコミュニケーションが深まる

・人脈が広がる

・新たな仕事につながることがある

 

SNSは、メールよりも気軽にメッセージを送り合うことができます。「わざわざ会社のメールで送るようなことではない」という場合であっても、SNSならと気軽に声をかけることもできるでしょう。

こうしたつながりが新たに生まれたり、復活したりすることで、新たな人脈発掘や仕事の発生につながる可能性もあります。

 

また普段一緒に仕事をしている同僚同士であっても、「プライベートのことはほとんど何も知らない」というケースも多いのではないでしょうか。こうした場合でも、SNSを通じてお互いの趣味や関心事について知ることができます。

 

社内のイベントやいわゆる飲みニケーションが減少した今、SNSは職場における人間関係を育むための、新たな場所となっているのかもしれません。

 

>>NEXT 上司のSNSに「いいね!」すべき?

佐藤 仁美

佐藤仁美です。
仕事をしながら子育て中です。日常にある疑問や発見を調べて解決して、記事にまとめています。