2019.10.01

上司が帰った途端に早退…職場のサボリ魔に罪の意識はないのか


仕事に対して後ろ向きな姿勢の“サボり魔”。何かと理由をつけたり周囲の目をうまくごまかして、楽しようとする人がいますよね。会社でサボり魔を見つけた時、どのような対応をとればいいのでしょうか?

 

サボり魔は放っておく!?


営業職で働く人から「サボり魔への対応」に対するお悩みの声が。同じ会社の派遣社員がよく席を外して、そこから20~30分ほど戻らないことがよくあるそうです。仕事で出かけたわけでもないので、サボっているのは明らか。しかし「周りが放置する中、自分が注意してもいいのかわかりません…」と打ち明けていました。

 

そんな悩みに対して、共感する人が続出。「隣の同僚が椅子にもたれかかって寝ていることがある。でもよく見ると他にもそういう人が多くて、自分1人では対処しようがない」「仕事中ネットサーフィンをする人に腹が立ちますが、自分で注意する勇気がありません…」「上司が帰ったとたん、サボりだす人がいて毎回イラつく。だけど言ったところで直らないと思うし、半分諦めモード」など、サボり魔が気になるものの注意できずにいる人が多いようです。

 

一方で、「自分に迷惑がかからなければいいかなって思う」「ただでさえ業務に追われている中で、サボってる人に時間を割きたくない」「どんなにサボろうが、仕事をちゃんとこなしてるなら問題ないでしょ」と基本的に“放っておく”人も。

 

>>NEXT サボり魔への対処法

古山翔

娘2人と息子1人を抱えて奔走するパパライター。夫婦それぞれの仕事を充実させつつ、趣味の時間も確保するために家事や子育てのアップデートを欠かさない。自身は完全インドア派だが、アウトドア派の妻と元気な子どもたちに影響されてピクニックやキャンプをするようになった。