2019.07.02

「就業時間内に業務を完遂」これが若手の働く意欲を高める最優先事項

モチベーションを下げてしまう上司って?


モチベーションをアップさせるアドバイスは他にも寄せられています。「成功した経験があるとモチベーションが上がるはず。どんな簡単な業務でもいいので、遂行させて褒めちぎってみては?」「部下の考え方を指導に取り入れる。例えば指導の際に『自分が誰かに教えるとすればどうする?』と聞いて、実際に部下のいう方法をとらせてみたり…」「結局は部下の能力次第だとは思うけど、『うちにはこういった業務もある』と色んな可能性を見せてあげるのもひとつの手」といったアイデアが。

 

一方で「モチベーションをダウンさせる上司」の特徴も。「部下の管理をしないのに、ミスしたときだけ注意するのはNG」「自分のやり方を部下に押しつける人。手際や効率的な業務の進め方は教えるだけにとどめて、あとは部下が自分に合ったやり方を見つけるはず」「報連相を雑に聞き流してると、部下も雑に報連相するようになりますよ」「モチベーションが下がったときだけ話しかけたり、サプライズやイベントを開催するのは二流。モチベーションに波を作ることになる」などの特徴があげられていました。

 

>>NEXT 若手社員とベテランのギャップが明らかに!

≪ BACK 1

2

3 NEXT ≫

古山翔

娘2人と息子1人を抱えて奔走するパパライター。夫婦それぞれの仕事を充実させつつ、趣味の時間も確保するために家事や子育てのアップデートを欠かさない。自身は完全インドア派だが、アウトドア派の妻と元気な子どもたちに影響されてピクニックやキャンプをするようになった。