注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

資格取得でもっと輝こう! 主婦のための学習計画表作成術

仕事

2019.03.08

74-1

主婦であり、ママであるからこそ「資格を取得してもっともっと輝きたい!」と思うこともありますよね。女性として、社会人として、自身の能力をより一層高めてくれるような資格が、世の中にはたくさんあります。「いつか取得したい」ではなく、「今頑張ろう!」と決めることで、人生の幅も広がっていくものかもしれません。

とはいえ現実的に考えると、主婦業やママ業、仕事をこなしながら学習時間を確保するのは、決して簡単なことではありません。だからこそ、大切なのが「学習計画表の作成」です。主婦の方にオススメの「資格取得を達成できる! 学習計画表作成のコツ」を紹介します。

 

■まずは試験日を確定させよう

主婦の学習計画表を作成する際に、初めにやっておきたいのが「試験日の確認」です。公の試験であれば、公式ホームページなどに試験日程が公開されています。もし明確な試験がない場合は、自分なりの「最終目標日」を設定するのがオススメです。

試験日や最終日を決めることは、勉強に関する「ゴール」を設定することと同意です。長いマラソンであっても、頑張れるのはその先にゴールがあるからこそ。モチベーションアップのためにも、まずはこちらを確認しておきましょう。

資格試験の場合には、受けられる時期が限定されているものも多いです。「ただ闇雲に勉強したけれど、気付いたときには試験日を過ぎてしまっていた!」なんて失敗がないよう、きちんと確認してみてくださいね。

ゴールが明確になれば、今からその日まで、どれだけの時間が残されているのかも把握しやすくなります。どの程度のペースで学習を進めていけばよいのか、はっきりつかめることでしょう。またあまりにも余裕がない場合、「来年の試験を目指して勉強する」など、自身の状況に合わせて調整することも可能です。

 

■学習内容の確認と時間配分をしよう

74-2

次は、最終日までに行うべき学習の内容を確認します。独学で学習をする場合には、参考書や問題集の「目次」をチェックしてみると良いでしょう。どれだけ学習するべき内容があるのか、目次ページを見れば一目瞭然です。

もちろん「一通り参考書をやる時間」のほかにも、「練習問題に取り組む時間」や「過去問に取り組む時間」なども確保しておくようにしましょう。

自分に必要な学習内容をリストアップしたら、最終日までの時間の中に、それらを当てはめていきます。「この単元は苦手だから、時間がかかりそうだな」など、ある程度の時間配分も考えておくのがオススメです。

主婦の学習計画表作成においては、「スケジュールを明確にし過ぎない」こともコツとなります。主婦の仕事は非常に忙しく、また突発的な事態も多いもの。細かくスケジュール設定したところで、計画倒れになるのが目に見えているからです。

「1週間」や「1ヶ月」単位で、やんわりとスケジュールを組んでみてください。

■スモールステップで着実に成長していく仕組みを作ろう

忙しい毎日の中で、もっとも難しいのが「学習へのモチベーションをどのように維持していくのか」という点です。「なんとかなるだろう」と安易に考えていると、「挫折」の沼にハマってしまう可能性も大です。学習計画表を作成する段階で、モチベーションが低下しにくい仕組みまで、作っておきましょう。

主婦のモチベーションを保つために、有効なのは「小さな目標を設定し、それをクリアしていくことで着実に成長を実感する」という方法です。「できた!」という気持ちが自信となり、「もっと頑張ろう!」という気持ちに結び付くというわけですね。

「○○の単元で80点以上」「週末までに問題集クリア」など、「頑張れば実現できる」レベルの目標を自分自身で設定し、学習計画表にも書き込んでおきましょう。一つずつクリアしていくことで、確実に実力が身についていきます。

「目標を立てたけれど、なかなかクリアできない!」という場合には、その目標が今の自分にとって、少しだけ高すぎるのかもしれません。いったん深呼吸して再度目標を設定し直すことで、学習全体のペースもつかみやすくなるでしょう。

 

■忙しい主婦には「余裕」も大切!

主婦の学習計画表作成において、忘れてはいけないのが「余裕」の設定です。いくらスケジュールに時間がないからといって、学習内容をどんどん詰め込むのはオススメできません。学習以外の生活部分に、しわ寄せがきてしまう可能性も高いです。

主婦の仕事は非常に忙しいもので、子どもがいれば、当然子どもを中心にした突発的な事象にも対応することを求められます。こんなとき、「学習が予定どおり進まない……」とイライラするのはオススメできません。

1週間の予定をざっくりと組むなら、1~2日は余裕日を設定しておきましょう。万が一予定が押してきたら、その日程を使って対応します。

また余裕があり、いつもよりもたくさん勉強できるのであれば、積極的に「先取り」します。後の学習の余裕を生み出すことにもつながりますし、「より多くの演習問題の実践」など、身につけた知識をより深めるための時間にもできます。

 

■まとめ

主婦が明確な目標を決め、そこに向かって計画的に勉強を進めていくことは、決して簡単なことではありません。しかしだからこそ、「頑張りたい!」と思う気持ちは尊いもの。上手な学習計画表を作成して、自分を導いていきたいところですね。

計画表は、エクセルなどを使って簡単に制作することができます。「毎日のチェック欄」を作って「お気に入りのシールを貼る」というのも意外と効果的な方法ですから、ぜひ取り入れてみてください。

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【資格】その他の記事

資格
もっと見る