コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

資格取得にかかる費用が少なくと貰える手当が多いのは?

仕事

2019.01.06

103-1

■産休・育休期間は資格取得のためのまとまった勉強ができるチャンス

産休や育休の間は、会社に勤めているママであってもこどものためにお仕事を休むことになります。もちろん日々こなさなければいけないこともたくさんありますが、いつもと違って時間をたっぷり使える時期であることは確か。このタイミングで、資格の勉強をはじめるママはとても多いんです。

育休の後また職場に復帰したり再就職したり、さらには転職も見据えてお仕事について考えると、役に立つ資格を取っておくメリットは計り知れません。ワーママの中には、忙しい日々の合間をぬって資格を取るべく勉強に励んでいる人がたくさんいます。

そこで考えたいのが、資格取得に関するコストパフォーマンスです。勉強の内容も仕事や育児と平行して進められる程度の難易度であることが望ましいですが、それに加えて資格の取得にかかる費用もできるだけ抑えるのが理想ですよね。

いくら取得すればお金になるといったって、合格するまでにかかる費用がかさみすぎるのはいただけません。現実的に考えて、取得するのにお金もさほどかからず、なおかつ必要な勉強の難易度も程々であることがワーママにおすすめできる資格の条件です。

■お金になる資格の受験にはお金がかかる?

「お金になる資格」について考えたとき、どんなものが思い浮かぶでしょうか。

例えば弁護士や公認会計士、税理士、看護師、社会労務士……などなど、有名な資格はどれも難易度がとても高い上、取得までに多額の費用がかかります。諦められない夢を追っているという理由があるならともかく、ワーママが育児や仕事と平行して取得するのはあまり現実的ではないですよね。

ワーママとして新しく取得する資格を選ぶときに特に注意しておきたいのは、まず「資格取得にかかる時間や取得難易度」そして「資格取得にかかる費用」です。

お金を稼げるようになるために資格を取得しようとしているのに、その資格の取得までに長い時間がかかるようでは本末転倒ですし、非効率的です。

取得難易度の高い資格は合格するまでにトライアンドエラーを繰り返さなければいけないところもあり、そうなるとさらに資格取得までの費用や時間がかさみますよね。ある程度の将来性はほしいですが、無理をしすぎるとかえって無駄なお金や時間を費やすことになってしまいます。

細かいところでは、受験の方法や勉強の仕方なども確かめておきたいところです。在宅で勉強・受験までこなせるのが一番嬉しいですが、資格の中には何度かの実習が必要になったり、自宅から遠い会場でしか受験ができなかったりするものもあります。

その間こどもはどこかに預けたり家族に見ていてもらったりすることができるのか、仕事の都合はつくのかなども事前に考慮しておかないと、受験できずにこれまでしてきた勉強が無駄になってしまうことも。

資格取得の難易度と必要経費・必要な時間、そして受験方法等を確認した上で、これから取得を目指す資格を決めましょう。

■受験費用も少なくお金になるおすすめ資格

103-2

それでは、具体的にワーママにおすすめの資格をご紹介していきます! どんな資格の勉強をすればいいか迷っているという方はぜひ参考にしてみてください。

○登録販売者

登録販売者とは、ドラッグストアやスーパーなどで医薬品を販売できるという国家資格です。国家資格としては比較的難易度も低く、合格率もそこそこ。薬剤師などと違って誰でも挑戦できるため、ワーママにもおすすめしたい資格です。

ドラッグストアやスーパーからの求人が多数ありますので、登録販売者の資格が取れればお仕事を探すのもとても楽に。パートなどでも時給が高めなので、子育て中でフルタイムでは働けないママでも稼ぎやすいのがメリット。都道府県によって合格率や受験料、出題傾向が違うので、お住まいの都道府県の詳細を調べてから検討してみてくださいね。

○医療事務資格

ワーママが取る資格として定番になっている医療事務関係の資格。受験料も低めで、コストパフォーマンスが良いのも特徴です。

ひとくちに医療事務資格といっても、実はたくさんの種類があります。中にはとても難しく費用もかかる資格もありますので、自分に合った難易度の資格を選びましょう。

特に人気が高いのは医療事務認定実務者(R)。在宅受験も可能で、こどもから目を離せないママにも嬉しい資格です。病院やクリニック等勤務先はたくさんあるので、こちらも取得できれば転職先には困らない資格のひとつです。

○ファイナンシャルプランナー

色々なところでおすすめの資格として紹介されているファイナンシャルプランナーは、その需要の高さから人気の資格です。

ファイナンシャルプランナーは専門とする分野が多いのが特徴のひとつ。ライフプランニングや資金計画、税金に関する知識、不動産、相続・事業承継、保険等の管理、金融資産の運用等の専門家として顧客をサポートすることになります。

当然企業・個人を問わず多くの需要がありますし、転職先もかなり幅広くなります。キャリアアップの一環としてもおすすめの資格です。

広範な知識が必要である分難易度は少し高めなものの、受験料自体はとてもお手頃。その分通信講座等に投資し、しっかり勉強して取得を目指すのもおすすめ。とても価値ある資格です。

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【資格】その他の記事

資格
もっと見る