注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ワーママが「持っておけばよかった」と5つの資格

仕事

2018.12.07

69-1

産休中・育休中のママ、そして現在専業ママをしている女性の中には「今後のことを考えて、今のうちに資格を取得しておきたい!」と考えている方も多いのではないでしょうか。ワーママとして仕事をするなら、やはり資格があった方が有利ですよね。

とはいえ、ママ業の合間に勉強するのは、簡単ではありません。できることなら、「ワーママとして活躍するために使い勝手の良い資格」を選びたいところです。

具体的には、どんな資格を選べばいい? 求職活動をする中で、ワーママたちが「持っておけばよかった」「持っておくと有利」と感じやすい資格を5つご紹介します。

 

■「宅地建物取引士」

宅地建物取引士は、宅建士とも呼ばれる国家資格の一つです。この資格を取得することで、不動産業界での就職が有利になります。

宅建士の仕事内容は、土地や建物の売買、賃貸物件のあっせんなどの際に、お客様に対して重要事項をわかりやすく説明すること。宅建士以外は、この仕事をこなすことができないというルールがあり、業界必須の資格の一つとなっています。

不動産業界での事務や案内などは、ワーママにとっても人気の職種の一つ。しかし人気が高く、なかなかお仕事を見つけられない可能性もあります。このような場合でも、宅地建物取引士の資格を保有していれば、就職活動を有利に進めていくことができます。

また建築業界や金融業界でも必要とされることが多い資格なので、さまざまな業界で自分らしさを追求してみたい!と思う女性たちにも人気です。

宅建の国家試験を受験できるのは、年に一度。そして合格率は、毎年15~17%台と非常に低くなっています。子育てをしながら独学で勉強を進めていくのは、大変なこともあるでしょう。通信教育なども上手に活用して、計画的に学習を進めていく必要があります。

 

■「ファイナンシャルプランナー」

近年注目度も高まっているファイナンシャルプランナーは、いわばお金のプロ。日常生活における個人の節約から税金、投資プランや住宅ローンについて、さらに不動産や教育、老後や相続など、さまざまなお金の流れを把握した上で、個人に合ったアドバイスを行うことが仕事内容となります。

主婦として家計を握っていると、さまざまな「お金」について気になることも多いでしょう。

・住宅ローンは借り換えをした方がお得なの?
・保険の見直しと言うけれど、結局そのままになっている
・投資をしたいけれど、どれが良いのかわからない
・将来の教育費が不安

個人が抱えているこうした「お金の不安」に寄り添い、具体的なアドバイスで改善へとサポートするのが、ファイナンシャルプランナーの特徴です。

ファイナンシャルプランナー資格は2級と1級があり、段階的に知識を深めていくことができます。また就職に役立つ以外にも、実生活で知識を応用しやすいというメリットもあります。

 

■「介護福祉士」

とにかく就職に強い資格が欲しい!と願うママたちに人気が高いのが、介護福祉士の資格です。社会福祉専門職の介護に関する国家資格で、介護の現場において「リーダー」として活躍することができます。

介護福祉系の資格は数多くありますが、2018年現在、国家資格はこの「介護福祉士」のみ。未経験・無資格からでも介護職はスタートできますが、資格保有者の方が、待遇が良いという現実があります。

正社員として働くときはもちろんのこと、パートや派遣として働くときでも、時給数百円の差がつくケースも少なくありません。

「どうせ介護職で働くのであれば、子育て時期に介護福祉士の資格を取得しておけば良かった!」と語るワーママは、決して少なくありません。

ワーママとして仕事をスタートしてからも、お給料に結び付くという意味で、非常に効果の高い資格です。ただし受験資格を得るためには一定の要件があり、自分の場合どのぐらいで資格を取得できるのか、事前にチェックしておく必要があります。

 

■「保育士」

69-2

介護の現場と同様に、近年深刻な人手不足が問題となっているのが保育現場です。保育士求人も非常に多く、その内容も正社員からパートタイマーまで、多岐にわたっていますから、自分の希望に合わせて選びやすいという特徴があります。

保育士資格は、通信教育などを活用することで、基本的に自宅で学習を進めることが可能です。また学習内容も実際の「育児」とリンクする部分が多く、ママにとっても頭に入りやすい内容だと言えるでしょう。

また保育士は、企業内保育ルームの増加や認可外保育園の増加などで、今後も需要が高まることが予想されます。

ワーママとして、ほかのワーママたちを支えられるという仕事内容も、非常に魅力的ですよね。就職時に役立つのはもちろんのこと、自身の子育てで知識やスキルを活かすこともできますよ。

■「医療事務」

ワーママたちが就職活動中に「取得しておけば良かった!」と思いやすい資格、第1位は医療事務です。医療事務資格を取得すれば、医療機関での受付・会計・診療報酬請求業務を行うことができます。

医療機関は、勤務時間やお休みが安定しているケースも多く、また一度始めれば長時間働ける仕事としても知られています。ワーママに事務系仕事は人気ですが、その中でも特に人気が高いのが、こちらの医療事務なのです。

ただし医療事務という資格は、国家資格ではありません。あくまでも民間資格の一つで、「資格がなければ就職できない」という類のものではないのです。

しかしワーママたちに人気の仕事は、争奪戦が起きるケースも多いもの。このような場面で、やはり資格を保有している人は有利に立ち回れるのですね。

実際にこのワーママ就職戦線にて敗れたときに、「私も取得しておけば良かった!」と思うケースが多いという特徴があります。

 

■就職に役立つ資格を取得して、ワーママデビューをスムーズに

ワーママとして活躍するためには、理解ある職場でのびのびと働けることが重要なポイント。とはいえそのような職場は、やはり競争率も高いと言えるでしょう。こんなとき、ママたちの就職活動をサポートしてくれるのが、各種資格です。

ワーママたちが「とっておけば良かった!」と後悔した資格は、どれも現場ですぐに活用できるものばかりです。ぜひ先輩たちの意見を参考にして、今、頑張ってみてはいかがでしょうか。

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【資格】その他の記事

資格
もっと見る