2019.07.05

一般常識としても!「ビジネス実務法務検定試験」とは


キャリアアップのために役立つ資格は色々ありますが、一般常識としても役立つ資格、最近注目されている資格として「ビジネス実務法務検定試験」というのがあるのをご存じですか?

どんな資格なのかこれからご紹介しましょう。

◆ビジネス実務法務検定試験とは?

まずは、ビジネス実務法務検定試験とはどんな資格なのか確認しておくことにしましょう。

この検定試験の運営を行っているのは東京商工会議所になります。級は3級、2級、1級の3種類が設けられています。

それぞれの級の内容は、3級がビジネスに携わる者が最低限知っておく必要がある法律実務の基礎的な知識がある方となっています。

2級は、ビジネスに関する法務業務の実務経験があって、弁護士をはじめとする専門家への相談などの対応を行うことができるレベルの実務的な法律知識がある方になります。

1級は業務で必要とされるビジネス全般の法務知識があって、さまざまな角度から高いレベルで判断や対応を行うことができる方になります。

そのため、級が上がるに従って出題範囲はとても広くなり、企業取引関連法、債権管理、企業財産に関する法務知識、会社の組織運営、人事関係の法知識、紛争解決、国際法務など多岐にわたっています。

ですので、ビジネス実務法務検定試験は、法務部門だけでなく営業、総務、人事などさまざまな職務の方にとって必要な知識を身につけることが可能なものと言えるでしょう。

また、3級合格者には「ビジネス法務リーダー」、2級合格者には「ビジネス法務エキスパート」、そして1級合格者には「ビジネス法務エグゼクティブ」の称号が授与されています。

佐藤 仁美

佐藤仁美です。
仕事をしながら子育て中です。日常にある疑問や発見を調べて解決して、記事にまとめています。